2007/10/9

小沢民主党のアフガニスタンに地上軍派兵案をいかに批判すればいいのか?  時事問題

民主党の小沢一郎代表が、自衛隊はアメリカ軍への給油活動はやめるべきだけれども、国連のISAFの活動として地上軍をアフガニスタンにおくる活動はするべきだという旨のことを言い出し、自民党の側がそれは憲法9条違反で出来ないと否定するという、ちょっと意外な(?)展開の論戦になってきたようです。

これについて自分なりに整理してみます。

小沢氏の主張は、発売中の『世界』11月号に論点がまとまって記されています。

報道によると、自民党の石破氏が小沢氏の主張を憲法違反で出来ないと言っていて、石破氏のほうが護憲派みたいな発言をしていてびっくりですが、でも考えてみれば石破氏が小沢氏の主張に反対するのは理屈としては当然で、自民党は補給・後方支援活動だったら集団的自衛権に抵触しないと解釈しているので、そこまでは行なうけれども、今後、それ以上の海外での軍事活動が出来るようにするためには憲法を改正するべきだという考えなのでしょう。
小沢氏が主張するように、ISAFで復興支援で地上軍をおくることも憲法違反でなく出来るのであれば、憲法を改正する必要もなくなります。
『世界』11月号でも、小沢氏は憲法9条を改正する必要はないとはっきり考えを述べられています。
また、ここで小沢氏が言うことは、ISAFというか、復興支援だから憲法違反ではなく自衛隊を派兵できるということではなくて、国連の決議をへた平和維持活動のものならば参加できるという考えのようです。つまり、PKOだろうとISAFだろうと国連の決議をへたものならば憲法を変えなくても集団的自衛権を行使できるというのが小沢氏の考えなのではないかと思われます。
この小沢氏の考えによると憲法を改正しなくても集団的自衛権を行使できるのですから、憲法を変える必要もないという主張になるのではないかと思います。これで小沢氏が改憲を言ったら、それこそ理屈があいません。

もしかしたら、民主党には改憲派の人と護憲派の人とがいるようだけれども、小沢氏は改憲しなくても憲法9条のままで集団的自衛権を行使するようにするという行き方で、憲法改正の議論自体をもはや必要がないものとして、党内をまとめる考えなのかもしれません。

さて、それでは、こうした小沢氏の主張に対して、どのように批判をしていったらいいのでしょうか?
小沢氏の主張に対して、「それは憲法違反である」ということをいくら言ったとしても、「いや、私の解釈では憲法違反ではないのだ」と反論されるだけで、議論が平行線にしかならないことは明らかです。なので、「憲法違反である」と言うだけでは批判としてあまり有効ではないような気がします。
やはり、具体的に、なぜアフガニスタンに自衛隊を派兵することに反対であるのかを、現在、アフガニスタンで行われていることを個別例として考えて批判していくしか、ないのではないでしょうか?

そもそもいくら国連主導の平和維持活動のための軍隊投入であったとしても、他国の軍隊が入ることが本当にその国にとって平和をもたらすことになるのだろうか?という根本的な疑問がまずあります。
しかし、どんな局面でも、一切、軍事的活動はするべきではない、一切、軍事的活動というものは間違っている、世界中のすべての国は武力を放棄して非暴力、非武装主義の国家になるべきである・・とまではさすがに現実離れしていて主張できないことのようには僕も思います。(もちろん、理想としては、ジョン・レノンの歌のように世界中のすべての国が軍隊を廃止して、戦争が世界中から一切、ないようになったらいいのに・・とは思いますが、さすがにそれは今すぐに実現し得る話として考えるのは非現実的すぎるのではないかと思います。)
どこかの国が他国から侵略された時に、その国の人たちに対して、戦争はいけないことなのだから一切、抵抗しないで非暴力主義を貫きなさい・・とも僕には言えません。
だから、現実的には一定程度、平和維持のために必要な軍事活動というのはあることは認めるしかないとは思います。
それでも、出来る限り、武力や戦争の手段に訴えないで平和を維持することが出来ないだろうか?と思いますが。
武力という手段により戦争に発展した場合は、いくら目的が平和を維持するためのものであったとしても、結果としてはその戦争が行われている国の平和を維持するどころか、よりその国の土地を荒廃させ、混乱した状態にすることもあるのではないかと思うからです。ですから、出来る限り、武力の手段を用いないで事態を解決できないか?と思うわけです。
たとえば、テロリストとの戦争と言っても、厳密にテロリストに対してだけ、武力で制裁することが出来るのならばまだしもだとは思うけれども、周辺の無関係の民間の人たちが巻き込まれて犠牲になり、もしかしたらその犠牲になった人たちの中からまたテロリストがあらわれて、つまり憎悪、復讐の悪循環になるということもあるのではないかと思います。
そして、アフガニスタンで現在、続いている戦争は、まさに僕が今、書いたようなものになっているのではないか?と危惧しています。
そもそもビンラディンをかくまっているタリバンへの制裁として戦争を始めたのは間違いであったと僕は思うし(ビンラディンを逮捕するために必要最低限の武装した人たちをおくるなどの警察的な活動は必要であったとは思うし、その範囲で戦闘が行われることは仕方がなかったとは思うけれども、民間人に多大な犠牲が出るような戦争を欧米が開始する必要性はなかったのではないでしょうか?)、現在のISAFの活動で欧米の軍隊が駐留していることが本当にアフガニスタンを安定、平和にしているのかは、はなはだ疑問です。むしろ、欧米の軍隊が駐留し続けていることこそが、アフガニスタンでの戦争を終わらないものにしているのではないでしょうか?
そのように考えるので、結局、ISAFの活動として自衛隊をアフガニスタンにおくることが、アフガニスタンにとって本当に平和をもたらす活動になるのか否かが僕は疑問なわけです。
ですから、アフガニスタンに自衛隊の地上軍をおくることには僕は反対です。

とはいえ、僕も、一切の国連の平和維持活動に反対であるとまでは考えていません。
では、たとえばスーダンのPKO活動に自衛隊が参加(参戦)することについてはどう思うのか?と聞かれるかもしれませんが、これについては現在、考えを整理中であり、現時点でははっきりとした自分の考えを述べることが出来ません。

(補足)
スーダンについて考えを整理中と書いたけれども、僕が漠然と考えているのは、紛争処理に軍事的介入も仕方がない逼迫した状況なのだとしても、国連軍という形で欧米や中国の軍隊が入っていくと、それが利権争いに発展していくということはないのかな?という危惧があるので、国連が軍隊をおくるにしても、たとえばアフリカの国々から軍隊を集めてそこにすべて任せる、欧米や他の地域からの軍隊はおくらない・・というようなやり方は出来ないだろうか?ということです。(欧米や中国による利権争いをなるべく絡めずに事態を収拾するため。)
0



2007/10/28  19:58

投稿者:mirokuninoti

誤:三国人のもまれたことがないので

正:三国人にもまれたことがないので


 小泉の「コスずるさ」が外交には最も適しているのですよ。
 あれぐらいが世界基準なのです。

 人格的に小沢は尊敬できてもね。

2007/10/28  19:54

投稿者:mirokuninoti

>むしろ、世界中の警察組織が連携してアフガンからの麻薬ルートを断つような活動、戦い方をしなければ実際問題としてどうしようもないのでは?

 この路線が一番現実的だとお思い増す。
 
 今日のここまで言って…に出ていた、元防衛庁(省)のお役人ですら「脅威なんてないのですから、日本に」っていいきってましたからね。
 
 現憲法のままの防衛省なんて、税金の食いつぶし省ですよ。

2007/10/28  19:50

投稿者:mirokuninoti

>小沢って、政治的立場や政略で反米や国連支持を打ち出しているのかと思っていたのですが、けっこう、本当にリベラルな考えの人で、世界平和のために日本が何をできるか?と考えている人なのか?

 外国人参政権とって見ても私は層思いますがね。
 「東北人のいい人」なんですよ、所詮彼は。
 三国人のもまれたことがないので、JR東日本みたいに、新幹線技術もあっさり渡してしまうような、「東北人のいい人」なんですよ。
 
 外交に出ては失敗しますわ。

>右翼の人はこれには反対でしょう。

 三島氏の死後、右翼なんて日本にいるのかと最近思いますけど?
 
 私が最期じゃないのかと(爆)。
 

2007/10/27  23:48

投稿者:kusukusu

>国連のそれこそ中国やロシアがうん?!というものにしか派遣できないような自衛隊?って日本の軍隊なんでしょうか。

たしかに、小沢氏の考えだと、国連軍の中の一組織としての自衛隊という感じで、それではもはや日本国の軍隊なのか?という疑問は当然、沸いてくるのではないでしょうか。右翼の人はこれには反対でしょう。

僕としては、小沢って、政治的立場や政略で反米や国連支持を打ち出しているのかと思っていたのですが、けっこう、本当にリベラルな考えの人で、世界平和のために日本が何をできるか?と考えている人なのか?という気もしてきたんですが。僕個人としては、小沢氏に関しては、あれれ?という感じで、まだ判断を保留中ですが。

2007/10/27  23:36

投稿者:kusukusu

> どうもアメリカもこっちに舵を切りたいのじゃないかと、最近思えてきたんですけど。

アメリカ政府の考えは知らないけど、アフガンに関して言うと、いまのアフガンは麻薬ビジネスの大国で、世界で流通する麻薬の9割の産出国とのこと。ある意味、北朝鮮の比でないぐらい、世界中のマフィア組織と通じていると思われる。これには軍隊を送っていてもどうしようもなく、むしろ、世界中の警察組織が連携してアフガンからの麻薬ルートを断つような活動、戦い方をしなければ実際問題としてどうしようもないのでは?

2007/10/27  22:16

投稿者:mirokuninoti

>(ビンラディンを逮捕するために必要最低限の武装した人たちをおくるなどの警察的な活動は必要であったとは思うし

 どうもアメリカもこっちに舵を切りたいのじゃないかと、最近思えてきたんですけど。
 「軍による解決」じゃなく、「警察による解決」?

 どう思われます??
 
 小沢の言うとおりやったって、日本のシビリアン・コントロールなんて効きませんよね。
 前原氏が言うように、
***
 国連中心主義についても「安保理常任理事国の中国やロシアが『うん』と言ったり棄権したものしか安全保障的な動きができない」(前原誠司副代表)との意見がある。
***
 国連のそれこそ中国やロシアがうん?!というものにしか派遣できないような自衛隊?って日本の軍隊なんでしょうか。
 

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ