2005/3/27

キルギスで革命ですが  映画

キルギスで革命が起こっているようです。ウクライナの騒ぎが飛び火したんでしょうか。
キルギスのことは僕はよく知らないのですが、アクタン・アブディカリコフという映画監督がいる国ということでのみ、知っています。
『ブランコ』『あの娘と自転車に乗って』『旅立ちの汽笛』という魔術的で魅惑の映画群を撮ったすごい監督です。
『ブランコ』が10歳の、『あの娘と自転車に乗って』が15歳の、『旅立ちの汽笛』が17歳の少年を主人公に描かれ、3作とも監督の息子のミルラン・アブディカリコフが主演しています。(って、これ、豪華なホームムービーかよ。)
これは監督自らの自伝的な三部作のようですが、自伝的作品はこれで終りにして次はパンクな作品をつくりたい・・といったようなことをたしか、アブディカリコフ監督が言っていました。
自国の革命をどんな思いでアブディカリコフ監督は見ているのでしょうか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ