2008/3/31

『家光と彦左と一心太助』  映画

『家光と彦左と一心太助』
1961年 東映 監督 沢島忠 脚本 小国英雄

神保町シアターで。
これは一心太助シリーズの中で一番、上映されることが多い作品のようだけど、やっぱり一番、面白いのかな?
中村錦之助が将軍の世継ぎの徳川家光と魚屋の一心太助を二役で演じるが、この二役は以前からこの一心太助シリーズであったものなのだけど、本作ではなんと、命を狙われている家光の身代わりになって家光と一心太助が入れ替わっちゃうのだ。そのドタバタを演じる、中村錦之助の二役の面白いこと、面白いこと。これはいわゆる「水戸黄門」に代表される、偉い人が身を隠して・・というパターンの日本の伝統的な明朗時代劇の一変種であるわけだけど、それをコメディタッチでこれほど軽やかに描き切ったものはない。しかし、太助が自分の命が危ないかもしれないのに侠気であっさり身代わりになることを決意しちゃうとか、太助が変になったのを「殿様病」になったということで女房までが疑わずにすぐ信じてしまうとか、実にいい加減だと思うのだが、そのいい加減な軽さが映画なのかも。いい加減と書いたけれども、その心は・・というと、将軍だって魚屋だって同じ人間じゃないか、正義は正義、悪は悪、同じように正義と幸せを求めればいいじゃないか・・みたいなのがあるんだよね。それが江戸っ子的平等思想なのだ。偉い将軍家の兄弟にも、貧しい子供たちにも同じような兄弟愛があることが描かれている点こそがこの映画の話の肝なのでは。うーむ、実はこの国では江戸時代にすでにマルクス主義が達成されていたのだろうか(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ