2008/5/15

「世間では評判の作品のようだけど自分はあまり面白いとは思わなかった」2本の映画  映画

別に、映画の悪口を書くこと自体に喜びは感じないし、「世間では評判の作品のようだけど自分はあまり面白いとは思わなかった」映画というものについて何かを書くことにそもそも意味があるのかと思うし、むしろ、「ちくしょー!みんな、盛り上がっているようなのに、また俺だけ、乗り遅れちゃってるよ−」という口惜しい気持ちを表明することにしかならないんだけど、それはなんの映画の話かというと、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』と『ミスト』である。
と、「世間では評判の作品のようだけど自分はあまり面白いとは思わなかった」2本の映画のタイトルをあげるだけで、どうしてつまらなかったのかを書くことは前述の通り、あまり意味があるとは思えないので、この2本の話はこれで終わり。
やっぱり「世間では不評のようだけど、個人的にはチョー面白かった」映画、たとえば『ジャンパー』とか『軍鶏 Shamo』とかについて書くほうが、気持ちが弾む・・わけではある。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ