2008/5/27

『ランボー 最後の戦場』  映画

『ロッキー・ザ・ファイナル』がそうであったようにきわめてシンプルな作り。90分という短さで、クライマックスの交戦シーンにシンプルに話を集約させている。アクションシーンはただただ凄い。スタローンってたいしたものなんだね。
あえて言えば、敵を極端に悪く描くので、結局、「勧善懲悪もの」になってしまっているので、戦場の悲惨さを描こうとしたのならその点はうまくいっていない面があるのかも。(どっちが善で、どっちが悪とも言えない、本当に無益に人と人とが殺し合う姿を描き出してこそ、戦場の悲惨さが表現されるのではないかと思うので。)なんて書くと、ランボーにそんなことを言うのは見当違いだと言われるかもしれないけど。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ