2008/8/24

オリンピック・・たかがスポーツじゃないか!  スポーツ・将棋

なんか、あまりにも日本がメダルとれたの、とれないのとか、ナショナリズム(なのかな?)の方向ばかりに騒ぎ立ててる報道にうんざりして、ちょっと違うことを言いたくなってしまうのであるが、たとえば、日本と中国、韓国が互いに競い合っていることが「日本」だけでなく「アジア」の規模で考えると「アジア」をスポーツが盛んな地域にしているわけで、これは凄くいいことなんじゃないだろうか・・という風に前向きに考えることは出来ないのだろうか?と思う。
日本が野球やシンクロでメダルをとれなかったことを嘆く・・よりも、打倒日本をめざしてきて巨人軍で活躍する選手を4番にすえた韓国がキューバまで倒して野球で一番になったことや、日本のシンクロコーチが中国に行き中国チームをメダルとるまでにしたことを、中国、韓国、日本がお互いに競い合い、その中で国境をこえた交流も生まれていて、アジアという地域全体のスポーツ昂揚、スポーツ発展に至らしめていることとして、実に素晴らしいことじゃないか!と言ってみるのはどうだろうか?
なんか、日本がメダルとれたの、とれないの、そればっか気にして騒いでて、果てはメダルとれなくてすみませんと関係者があやまったりしてて(なんでそんなこと、いちいちあやまらなきゃいけないんだ?別に悪いことしたわけじゃないのに・・)、変だと思いませんか?
たかがスポーツじゃないか!もっと楽しんで、前向きの方向に考えて、見ましょうよ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ