2009/3/11

本当にここで朝鮮総連の資産凍結したら拉致問題の捜査にもプラスではないのではないか?  時事問題

(ニュース)
ミサイル発射なら北資産を凍結 日本政府 2009.03.06 産経新聞

 政府は5日、北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の改良型とみられる「人工衛星」を発射した場合、現行の制裁措置に加え、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)など北朝鮮関係団体の資産凍結や輸出制限措置を発動する方針を固めた。北朝鮮による核開発やミサイル関連部品の入手を防ぎ、資金源を断つのがねらいで、国連安全保障理事会にも制裁強化を提起する。また、第3国経由の不正輸出や海外送金に関しては、外為法などの罰則強化も検討する。(尾崎良樹)

 外務省の斎木昭隆アジア大洋州局長と北朝鮮担当のボスワース米特別代表は5日の会談で北朝鮮が「人工衛星」の打ち上げと発表した場合でも、国連安全保障理事会決議違反に当たることを確認。斎木氏は制裁策として、北朝鮮関係団体の資産凍結など日本側の対応を説明したもようだ。

 資産凍結では、米国がマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した疑いでマカオの北朝鮮の関連口座を凍結したことがあり、「日本でも朝鮮総連関係などの資産が凍結されれば効果は大きい」(政府関係者)とみられる。また、北朝鮮への輸出を原則禁止とし、アジア諸国を経由した迂回(うかい)輸出の監視も強化する。

 国連加盟国は2006年11月の安保理決議1718号に基づき、北朝鮮の核開発や大量破壊兵器、弾道ミサイル計画に関連する資産・口座を凍結できる。政府は凍結対象を広げ、「武器関連」とする新たな安保理決議採択を求めることも検討している。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090306/plc0903060120000-n1.htm

*これって、「ええっ!?」というかなり突飛な発想に思えて、また麻生首相が思いつきで言っただけなんじゃないか?という気もしてて、そんな真面目に考えることもないのかなあ・・なんて思ってたんですが、やっぱり僕個人の考えをちょっと書いておくと・・。
ミサイルを撃ち落としたりしたら戦争だ・・とか、言っている北朝鮮政府についても、「ええっ、なんでいきなり戦争なんて話になるの?そもそも今回のは宇宙への調査の衛星のミサイルなんでしょう?」と、話が飛躍しているように思うのだが、それに負けず劣らずミサイルを飛ばしたら朝鮮総連の資産を凍結するという日本政府が言うことも、間が飛んでいるように思うのだが・・。
これが、朝鮮総連の資産が具体的にどのように北朝鮮に流れているのか、そしてどれだけ違法な形で流れているのかとか、あるいは朝鮮総連がどれだけ日本人の拉致事件に関わって来たのかが捜査によって明らかになったので、それを受けて日本政府が朝鮮総連の資産を凍結するという話であるのならばまだ話の流れとしては分かる。(もちろん、それだって、朝鮮総連の資産凍結という処置がふさわしいのか否かは論議しなければならないかと思うが。)しかし、そうした捜査をせずに、国連安保理決議1718号に基づきこうした処置をとって、なんか、無理矢理のこじつけみたいな形で朝鮮総連に制裁してしまったら、それで朝鮮総連に対する制裁は終わりということになってしまって、逆に、実際に朝鮮総連がどれだけ不正なことをしているのかの実態を調査、捜査するほうはうやむやになってしまうのではないだろうか? それは朝鮮総連が実際にどれだけ拉致事件に関わって来たのかを調査、捜査することもうやむやにしてしまうことなのではないだろうか? つまり、今回のような乱暴な、思い付きみたいな形で朝鮮総連を制裁してしまったら、それで朝鮮総連について制裁は終わりましたということになってしまって、拉致事件に実際に朝鮮総連がどれだけ関わって来たのかということを含めて、朝鮮総連の実態についての調査、捜査は行なわれなくなってしまい、そうしたことは永久に闇に葬り去られてしまうかもしれないのではないかと思うのだ。そうすると、ここでこういう形で朝鮮総連を制裁することは拉致事件の解決にとってもプラスにならないのではないだろうか? もしかしたら、日本政府は、実は朝鮮総連の実態についてきちんと調査することが面倒なので、それをしないですむことを目的として、今回、こんなことを言い出したのかもしれないが・・。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ