2009/9/29

『リミッツ・オブ・コントロール』  映画

端的に言って、僕個人としては、これなら『ブロークン・フラワーズ』のほうがずっといい映画だと思えるんだけど・・。
いまさら、こんないかにもシネフィルですっていうようなフィルムノワールを作られてもなんだかなぁ・・という感じで、ジャームッシュはやっぱりシネフィルなんだなぁとは改めて思ってしまったのだが・・(いや、ジャームッシュがシネフィルなのは当然ではあるんだけど・・)。

この作品で参考にしているという『ポイント・ブランク』はたしかに変な映画だった。うわー、世の中には変な映画があるなぁとたしかに思うものだった。
だが、『リミッツ・オブ・コントロール』に乗れないのは、最初から、そういう変なものを目指して作っているものだからではないだろうか?
つまり、なんだか、よく分からないけど、変な映画を作ってしまった・・という「変な映画」(作り手自身にとってもなぜそういう作品を作ったのか、分からないような、わけがわからないものなんだけど面白いという「変な映画」としか言いようがないような「変な映画」)ではなくて、ジャームッシュはあまりに聡明なので・・、こうやると変な味わいの映画になると分かってて、分かりながら作った「変な映画」だという気がしてしまうところが結局、乗れないわけなのではないだろうか・・。
また、詩的な言葉を散りばめたりしていて、そういうところもなんだか的確すぎて、ああ、ジャームッシュっていう監督は本当に映画について考え抜いていて、分かっているだなぁと思うわけだけど、今回、目指しているのは混乱したフィルムノワールの「変な映画」であったはずなのであるからそれだとなんか、違うなぁという気がしてきてしまったわけなのだ。そういう「変な映画」というのは、本当に作り手自身がもっともっと混乱してしまって、それでも映画を作ろうとする情熱にかられて、完成するはずがないような映画を完成させてしまった時にうまれるものなのではないかと思うので・・、作り手が変な味わいを分かってて作った「変な映画」というのは本質的な意味で混乱していないのではないだろうか?
それなら、ジャームッシュのような監督は『ブロークン・フラワーズ』のような作品を目指したほうがいいのではないかと僕は思ったのだが・・。
もしかしたら、僕の判断が根本的に間違っているのかもしれないが・・。

かなり否定的なことを書いているようだけど、実はこの映画、見ている時はものすごく面白かった。久々にうわー、「変な映画」だなぁと思い、傑作かもしれないと思っていたんだけど・・。でも見終わって、うーん、でも本当に脳天からぶっとぶような、全くいまだかつて見た事がないような「変な映画」だったのだろうかと考えてみると・・、なんだか、違うんだよなーという気持ちもどんどん沸いて来てしまって・・。
結局、こういうことをウダウダと書くことになってしまった・・。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ