2005/5/26

やさしくキスをして  映画

ケン・ローチ監督の『やさしくキスをして』を鑑賞。
ケン・ローチはなんて残酷なのか。
「珠玉のラブストーリー」という宣伝文句はたしかにそうとも言えるのだけど、こうした宣伝文句とスイートな題名に期待して見に行くとシビアな描写に裏切られるだろう。
何が残酷って、残酷なことをしている人達の気持ちが細かい人間描写によりよく分かってしまうことが残酷なのだ。その人物が何を考え、むしろ、家族や他人を大切に思う気持ち、やさしさから「残酷」な行動に出ていることが伝わって来るのである。
つまり、どの登場人物も単純に善玉、悪玉で区分け出来るような描き方をしていない。
主役の男女2人も。
本来なら周囲の障害をこえてひかれ合って行く主役の男女2人にエールを贈りたくなるようなストーリーなのに、2人の恋愛を妨害する周囲の人達の気持ちや事情も分かって来るため、本当に2人が恋愛を貫くことが正しい選択なのだろうか?ということさえ、疑問になっていく。
観客をこんな気持ちにさせるなんてローチはやっぱり残酷である。
さらには、主役の男女2人の中にひそむ残酷さもきちんととらえ出している。主役の男女は一方的に悲劇にあわされているわけではないのだ。
若い男女がひかれあうのに、ともに音楽をやっていて、音楽を媒介にしてひかれあっていく描き方が秀逸である。音楽は文化の壁をやすやすとこえてしまうものなのだ。
そして、夏の恋の映画である。なんともユニークな描写のベッドシーン(言葉と身体のやり取りの組み合わせ方がユニーク)、スペインの海といった夏の雰囲気を漂わせ、何やらヌーヴェルヴァーグ的な雰囲気だなと思えるところもあるのだ。ところが、そう思って見ていたら、ベッドシーンの後にローチならではの残酷な展開が待っていたのだ。
また、やはり音楽を巧みに使ったヒロインが生徒達に授業をしているシーン。表面的には淡々と挿入されていて、台詞もないのだけど、台詞がないだけに音楽というものがもつ残酷さを浮かび上がらせていると言える。このシーンは実はこの作品の肝と言っていいようなシーンなのではないか。これがあるからクライマックスの残酷なシーンが効いてきているように思えるから。
しかし、何度も残酷な映画だと書き、善玉とか悪玉に人物が区分け出来ないと書いたけれども、これは逆に言うと、善玉にも悪玉にも区分け出来ない、残酷さももつ人間というものをまるごと肯定しているとも言える。だからどこか、アナーキーな大らかさも漂っているのかもしれない。ローチの映画が意外とジャン・ルノワールの映画のような感触を漂わせるのはそうしたものが感じ取れるからではないだろうか。
人間描写がテーマ主義をこえていく。それがたまらなく映画的な感触を醸し出していると思う。
0



2005/6/6  12:42

投稿者:かえる

丁寧な解説、どうもありがとうございました。m(__)m
なるほど、わかりました。
私もたぶん、ケン・ローチ映画のそういうところが好きなんだと思います。
道徳的には正しくない行いをしている登場人物人であっても、
その立場がよーくわかり、心寄り添ってしまうことは多々あり。
善悪というものさしなんてどうでもよくなってしまったりするカンジ。
確かに、テーマ主義ではないですよね。
悲劇的な局面がたくさん描かれ、すごく現実的でシビアなのに、
温かな感動を覚えてしまうような公平で真摯な優しいまなざしが好きです。
社会問題に対しては手厳しいけど、個々の人間には温かいのかな。

知らないといっておきながら、『大いなる幻影』は観てました。
他の作品も観てみたいですー。

イオセリアーニ的な世界も最高ですよねー。

2005/6/4  1:46

投稿者:kusukusu

『やさしくキスをして』でも、仇役のはずのカシム
のお姉さんがああ、この人の気持ちも分かるなあな
んて気持ちになってきてしまうでしょう。でもそう
やって悪役の人にも人間味を感じて善人、悪人の
区別がなくなっちゃったら、一体、なんのためのス
トーリーだったのかが分からなくなる。つまり、差
別を訴えて描こうというテーマだとしたら、差別と
か偏見を抱いているのが人間というものでそこに人
間の面白さがあるのかもしれないなんて言い出した
ら、何を言いたいのか、分からなくなってしまうで
しょう。ローチの映画っていうのは実はそういうと
ころがあって、そんな頭でっかちのテーマ主義の映
画などでは全然、ないんじゃないか、むしろ、そう
いうのとは正反対の映画なんじゃないかということ
を、ローチの映画は実はジャン・ルノワール的なと
ころがあるという言い方で言いたかったわけなんで
す。

ジャン・ルノワールがヌーヴェルヴァーグの映画に
多大な影響を与えているのは言うまでもないけれど
も、作風的には特にロメールに影響あるような気が
します。
あと今の映画だとイオセリアーニあたりが通じるも
のがあるでしょうか。イオセリアーニは別に直接的
にルノワールの影響を受けたわけじゃないと思うけ
れども。
そういう作家で、作品の完成度で面白さが決まって
来るわけでもないところがあるので、なかなかジャ
ン・ルノワールでどれがいいのかを決めることも難
しいのですが。僕も全作みているわけではないけれ
ども、この監督の映画はどれでも見て損はないん
じゃないだろうか?
一般的には、かつては『大いなる幻影』が映画史上
の傑作の1本とされていて、日本で評価が高かった
んですが、近年は『ゲームの規則』が特に評価が高
いようですね。

2005/6/3  21:55

投稿者:kusukusu

どうもです。ここに質問が来るとは思わなかった
な。
ケン・ローチがジャン・ルノワール的というのはか
なり主観的な見方かもしれないので、一般的にそう
いう風に受け止められているかは分かりませんが。
ただ、ジャン・ルノワールの映画というのは端的に
いってアナーキーなまでに大らかに人間を描いてい
るというのか。あまりに大らかすぎて善人なのか、
悪人なのかよく分からないような人間の描き方なの
ですね。
たとえば『ラ・マルセイエーズ』はフランス革命の
映画なんですが、悪役であるはずのルイ十六世
(ジャン・ルノワールの兄のピエール・ルノワール
が演じている)がやけに愛嬌があってその贅沢ぶり
がユーモアがあっておかしかったりする。すると、
王様を糾弾するというテーマとかストーリーとか、
こえちゃうわけですね。
つまり、ルノワールの映画は細部で人間を善悪をこ
えて魅力的に描くものだから、作品のテーマがない
がしろになってしまうんだけど、そこが面白いとい
う。『どん底』なんて、ゴーリキー原作のくら〜い
話なのに、妙に細部の魅力で暗い感じがしなくて、
なぜか、ハッピーエンドになっちゃってるし。『素
晴らしき放浪者』なんて見てると、ああ、こういう
浮浪者で気ままに生きてる方がいいなあという気持
ちになってくる。
どんな話でもなんか、そうなってしまうという。
そういうのをジャン・ルノワール的と言っているん
だけど、ケン・ローチっていうのは、がちがちの左
翼の社会派映画作家だって見られがちだし、実際、
ローチは社会主義者らしいんだけど、でもどうも僕
はケン・ローチの映画は細部の描写でそういうテー
マとか善人、悪人の区別をこえてしまうところがあ
る気がするんですね。

2005/6/3  16:04

投稿者:かえる

こんにちは。質問です。
前にも「ケン・ローチはジャン・ルノワール的〜」というような文章があったかと思うのですが、また今回遭遇し。
私は実は、ジャン・ルノワール作品を観たことがありません。
そして、どういう位置づけの監督なのかもほとんど知らないので、
ジャン・ルノワールの映画のような感触というのをイメージできません。
ローチ作品に通じるジャン・ルノワール作品とはどういうものなのかを簡単に教えていただけたら嬉しいです。
あと、必見なジャン・ルノワール作品もぜひ紹介してください。(^^)

http://latchodrom.exblog.jp/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ