2010/4/13

『コトバのない冬』  映画

俳優の渡部篤郎の初監督作品。
まるで岩館真理子のマンガ世界がスクリーンに出現したかのような、北海道の雪景色を背景に展開される雰囲気はなかなかのものだけど、これで終わりまで行くなら、プロの一流の脚本家(岡田惠和)のものとしては話にヒネリが足りないかも・・とか、途中までは思っていたんだけど、終わりまで見てこういうヒネリだったのかと納得。
つまり、失語(口が聞けない)とか、記憶障害とか、それだけだったら陳腐かもしれないが、その組み合わせ方がヒネリがあり、新鮮な作品になっている。ひとつひとつのアイデアではなくて、その組み合わせ方の巧さがやっぱりプロなんだな・・と思う。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ