2010/5/16

瀬田なつき監督が角川映画を監督  映画

(今日のスポーツ報知より)
“第2の柴咲コウ”大政絢、包帯女に…映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」

 TBS系ドラマ「ヤマトナデシコ七変化」のヒロイン役で注目を集めた人気上昇中の若手女優・大政絢(おおまさ・あや、19)が、来年公開予定の映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」(瀬田なつき監督)に主演する。所属事務所の先輩である柴咲コウ(28)を彷彿(ほうふつ)とさせる目力で主役をゲット。包帯が似合う“キレキャラヒロイン”に挑む。
 インパクトのある強い瞳に神秘的な雰囲気。雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルから、最近では連続ドラマでも注目を集める新世代女優が、包帯の似合うキテレツなヒロイン役に挑む。
 「嘘つきみーくん―」は、入間人間(いるま・ひとま)氏原作の同名小説の映画化。「みーくん」こと「僕」(染谷将太、17)と、「まーちゃん」こと美少女・御園マユの前に次々と奇妙な事件が降りかかる学園サスペンスで、10巻の累計売り上げは86万部のヒットを記録している。
 大政演じる「まーちゃん」は、普段は寡黙だが、幼なじみの「僕」の前に出ると、思い切り甘えるが、過去のトラウマから残酷なまでに暴力的になるヒロイン。製作の角川映画によると、オーディションは瀬田監督やプロデューサーを交えて行われ「実際に候補者に会った中、先輩の柴咲コウさんを彷彿とさせる目力の強さと、抜きん出た存在感をまとった空気を感じて、全員一致で決定した」という。
 「ヤマト―」でも謎めいたヒロイン・中原スナコを演じ、高評価を得た大政は「とても難しい役。マユ自体、喜怒哀楽がすごく激しい子なので、自分的に芝居の幅を広げなければと感じています」。映画主演は08年の「ニュータイプ〜ただ、愛のために〜」に続く2作目となる。
 監督の瀬田なつきさん(30)は「未来の巨匠たち」という特集上映もされるなど、西川美和監督(35)に続く才能として将来を期待される女性監督。共演には「みーくん」役の染谷のほか、鈴木京香(41)、田畑智子(29)らが決まった。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100516-OHT1T00026.htm
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ