2011/5/21

週刊文春の肥田先生の記事は深刻  原爆・原発問題

*前々記事で書いた、週刊文春、今週号の肥田舜太郎医師の記事で、最後に以下のようにあった。
この肥田氏の警告は深刻だ。


『福島での原発事故が起きた時、肥田氏は被曝者たちを診てきた経験を生かそうと、医師団の体制づくりを提案した。しかし、「人々に不安を与えてパニックを起こす」という理由で受け入れられなかった。これではいつか来た道と同じではないか。肥田氏はこう言うのだ。
「放射線の影響を受けた人たちへの賠償について、政府はできるだけ賠償額を減らしたいと考えるでしょう。その認定をめぐるせめぎ合いは、かつて政府が内部被曝の存在を認めようとしなかった原爆症認定訴訟と、まったく一緒です。
 しかし、今回の原発事故では、飛散した放射性物質による内部被曝の危険性は、より広範囲に及ぶ。そのことを国民に広く知らせる必要があると思います」』


*以上のように引用しても、それほど高い放射線量でなければ健康被害は起こらないのではないかと考えている人もいるかもしれない。しかし、外部被曝の場合はたしかに放射線量が高ければ高いほど、リスクが大きいようなのであるが、内部被曝の場合はペトカウが発見した理論などによると低線量の放射線、放射性物質であったとしても甚大な健康被害を与える場合もあると言われているのだ。もしこれが正しければ、放射線量がどれだけ高いかだけではなく、むしろどれだけの長期間にわたって放射線を浴びるのかが問題なのではないかとも考えられるが、そうだとするならば、今回の福島第一原発事故による放射性物質の拡散は長期化することが予測されているので、今後、大きな健康被害が起こって行く可能性が残念ながら危惧されるのである。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ