2011/9/4

『パレルモ・シューティング』  映画

うわあー。
こ、これ、ほんとに世界的巨匠の映画か?どこの学生が撮った自主映画だよ?というか、今時の学生でこんなシネフィル映画を撮る人がいるのかな?今時、学生でも撮らない?
即興演出の、ほんとにさまよったロードムービー?
必死でアメリカ映画をなんとか撮ろうとしていたヴィム・ヴェンダースが、ヨーロッパに帰り、文字通り、初心に戻り、おそらく即興演出も多分に取り入れて撮っていった、きわめてパーソナルなヴィム・ヴェンダース監督作品!
今さら、こういうものをほめてしまっていいのかどうか・・と思いつつ、でもはっきり言って、今回のヴェンダースは、ちょっと忘れ難いものになりそうな気がしている。
まあ、いいや。もう、今回は、すべて、全面的に、許します!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ