2011/12/29

NHK番組が言う「被ばくでガンになるリスクを実際の半分に減らしていた」というのは?  原爆・原発問題

前記事にもある、昨晩のNHK番組『低線量被ばく 揺らぐ国際基準』で、

「1980年代後半、ICRPが「政治的な判断」で、被ばくでガンになるリスクを実際の半分に減らしていた事実が浮かびあがってきた。」

と説明されていましたが、これはどうも下記のことについて言っているものではないかということを教えて頂きました。

NHK番組の中でははっきりそのようには言っていなかったようでしたが、「線量・線量率効果係数(DDREF)」のことではないかとのこと。

線量・線量率効果係数(DDREF)
[Dose and dose-rate effectiveness factor]
 (単位線量当たりの)生物学的効果が
低線量・低線量率の放射線被ばくでは
高線量・高線量率における被ばくと比較して通常低いことを一般化した、判断によって決められた係数。(ICRP 2007勧告 「用語解説」)

この「線量・線量率効果係数(DDREF)」が、同じ被曝量でも、一度に浴びたときに比べて、100mSv以下の線量をより何度にもわたって浴びた時の方が、影響は小さく1/2になるのではないかという考えのもとに、1990年勧告で公式的に低線量・低線量率の放射線被ばくでは影響は1/2になるとして採用されたそうです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ