2012/8/28

『プロメテウス』  映画

実質的に、『エイリアン』シリーズ5作めだけど、さすがに、『エイリアン4』の終わりから続けるのが、いろいろと考えた末、まとまらなかったのか、『エイリアン』1作めの前日憚として、「後」ではなく、「前」にスピンオフした模様。強引だが、とにかく、そういう形ででも、続編を作り出してしまうという、映画人としての根性というのか、そういうのが感じられる。この『プロメテウス』の終盤を見ると、まだまだこの話自体、完結していなくて、続編(『プロメテウス2』)が作られるような感じの展開であったが、そういう点も含めて、終盤部の二転三転する展開は、とにかく、何が起こっても、まだまだ続くぞ、続けるぞという意気込みみたいなのが伝わって来て、こういうのがちょっと本来の映画活劇という感じなのかもしれないなあと思ったりした。まあ、根本の謎解き自体は、たいしたものではないのかもしれないが、とにかく、二転三転する展開で、まだまだ続けるぞ・・という感じのところに活劇の魂をちょっぴり感じたということ。まあ、リドリー・スコットも、基本はB級活劇の監督だったんだよなあ、本来は。

それにしても、トニー・スコットの訃報(自殺)は信じられない。ご冥福をお祈りいたします。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ