2013/8/2

『風立ちぬ』(ツイッターから)  映画

ツイッターで宮崎駿の『風立ちぬ』について、ツイート、やり取りをしました。
しかし、僕もオタクだな・・。



(未見の方は注意。やや、ネタバレかも・・)






映画『食卓の肖像』(金子サトシ) ‏@satokaneko
宮崎駿の『風立ちぬ』をストレートに反戦を訴えている映画ではないと批判している人がいるようだが、しかし、宮崎駿がストレートに「戦争はいけない」と声高に訴えるような映画をつくったとして、多くの人が見るものなのだろうか。

観客というのは、ひねくれたものだから、ストレートに「戦争はいけない」と言っても、「そんなこと、分かっているよ。わざわざそんな説教を聞きにお金、払って、映画、見てるんじゃねえよ」と思って、素直に見てくれないものなのではないだろうか。

それが分かっているから、宮崎は、ストレートに戦争はいけないと訴えるような作り方ではなく、戦争とは何か?と考えさせるような作り方をしているのではないか。

おそらく宮崎自身は日頃の言動からすると「戦争はいけない」と思っているのではないかと感じているが、そう思っていたからといってそういう作り方はしない。それは、そうしない方が広く観客に伝わる作品になると考えているからなのでは。現に『風立ちぬ』はヒットしているようだし。

(本田孝義さんへの返信)
映画『食卓の肖像』(金子サトシ) ‏@satokaneko
@hontaka1229あのラストは涙なしには見れませんよね。まあ、堀辰雄題材にしながら感傷的なところはかなりおさえている映画ですので、それで泣いてしまうのは、観客の僕のただの感傷でしかないかもしれませんが。

@hontaka1229 いやー、でも、とにかく、戦争そのものについては一切、描かず、それで戦争に関して表現してしまう、その表現力がただただ凄いと思いました。戦争というと「死」が当然、テーマなんだけど、「死」についても戦争とは直接、関係ない結核の「死」という形でしか出てこない。

@hontaka1229 宮崎駿の表現力に驚くなんて、あまりに今さらという感じでしかないかもしれないけど‥。でも、この『風立ちぬ』のように、いったい、どうすればこんな風に、戦争を直接、描かずに戦争を描くことができるのか?

@hontaka1229 本当に、どうすれば戦争を描かずに戦争について描けるのか?すなわち、公害を描かずに公害について描けるのか?あるいは、原発を描かずに原発について描けるんだろうか?

(大久保英樹さんへの返信)
映画『食卓の肖像』(金子サトシ) ‏@satokaneko
@okokubo そうかなあ・・。僕は、予測はしてたけど、まさか、ここまで爆撃シーンとか、まったくなしに戦争の映画を描いたのかと驚いて、そのことに圧倒されてしまったんですけど・・。中途半端にちょっとでも爆撃シーンを入れるなら、ここまで一切、ないほうが潔くていいと僕は思います。

@okokubo 「誉め殺し造型」って、どういう意味ですか?キャラクターが類型的みたいなこと?うーん、そう言われると、そういうところはあるのかな・・。それは当たっているかも。僕は見ている時はそこは気にならなかったけど、そういう点を見れば乗れないことはたしかにあるかもしれませんね。

@okokubo 考え直してみましたが、キャラクター造型という点では『風立ちぬ』はたしかにひどいと言えばひどいところはあるかもしれないが、そもそもこれは戦争の時代、「個人」がなかった時代の話なので・・。そのへんもわざと確信犯で「個人」がなかったということを描いているとも思えます。

@okokubo もし、そうだとすると、それはたしかに、エンタメ映画の作りとしてはひどいことだし、大久保さんのご指摘も当たっているのかもしれないという気もしてきましたが、でも、やはり、僕はそこまで冷徹に、見据えて作品をつくった宮崎駿監督を支持したいと考えます。

(再び、大久保英樹さんへの返信)
@okokubo そうです。宮崎駿は、端的に勧善懲悪、善人対悪人みたいな話に集約されるようには物語を描かない作家です。イーストウッドと同じ。宮崎の場合は、その世界を、 変なキャラクターを出すことで成立させているのです。つまり、妖怪なんだけど、妖怪だから悪とは言えない。

@okokubo とにかく、妖怪がユニークで、変なんですね。トトロにしても、カオナシにしても、善悪をそのユニークさでこえている。見てて「変なの、おもしろーい!」と見てしまうから、妖怪は悪い奴ということをこえてしまう。人間(人類)が善で、妖怪が悪といった区分けをこえてしまうわけ。

@okokubo で、端的に言うと、この『風立ちぬ』の菜穂子も妖怪なんですよね・・。はっきり言って、人間の大人の女というより妖怪と言っていいかも・・。それに対して、戦争中の恋愛話の映画でそれはないだろ!?というのは当然、あっていいかとは思います。大人の恋愛、ちゃんとやれよって。

@okokubo 僕は、山口百恵主演の『風立ちぬ』(相手役はもちろん三浦友和)がけっこう好きで、泣きながら見た覚えがあるので、ヒロインのキャラクターについて、それと比べたらというのはないこともないけど、でもまあ、宮崎アニメと劇映画をそういう比較するのは無理があるのかなあと…。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ