2014/3/3

立教大学で『食卓の肖像』上映&カネミ油症講演会  公害・薬害・環境・医療問題

2014年3月1日、立教大学池袋キャンパスで開催された同時代史学会と立教大学共生社会研究センター共催の『食卓の肖像』上映、およびカネミ油症の講演会は、40名ほどの参加で、なかなか充実した内容だった。
『食卓の肖像』上映の後、カネミ油症の研究者の宇田和子さんが講演されたが、宇田さんは、私の『食卓の肖像』を社会学的に分析、従来の被害論のものとは少し、異なり、生活史的アプローチに通じる視点のものとして評価するところから話をはじめ、カネミ油症の補償問題について、じっくりとお話された。
宇田さんは、カネミ油症について、食品衛生法の対象の食中毒とも、公害関連法を適用する公害とも異なる「食品公害」であったために、補償の面で法制度的空白にあり、補償されてこなかったことを説明されていた。そして、宇田さんは、食中毒とも公害とも異なる、「食品公害」という問題認識に基づいた法的・政策的対処の必要性を話され、提言されていた。
宇田さんの講演の後、会場から質疑を私と宇田さんが受けるディスカッションが行われ、とにかく、いろいろな方面の研究者の方々が来場されていたようで、次々といろいろな質問が出て、カネミ油症について多方面から討議する内容のものとなった。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ