2014/4/13

万田邦敏『イヌミチ』  映画

万田邦敏監督の新作『イヌミチ』見た。
万田さん、ほんとに荒唐無稽な映画を撮ったなあ…。相当、荒唐無稽で異常な話だが、『接吻』もそうだったように、万田さんの映画の凄いところは、この荒唐無稽な非日常的な話を、あるあるーという日常的なリアリティの延長で撮ってしまうこと。ヒロインの仕事や日常の風景とか、男がクレームを受けているシーンとか、あるあるーみたいなリアルさで見れるのだが、その延長で、いつの間にか、犬になる気持ち、分かるーみたいに観客が納得していってしまう…。こんなに奇妙な荒唐無稽な話なのに、誰にでも、普通にあることのように思えてきてしまうのだ。つまり、シナリオだけだったらこれはモンスターの話かと思うのだが、映画になったものを見ると、この世界にごく普通に生きている人たちの話なのだと思えてきてしまう。ということは、逆に言うと、この世界に普通に生きている人は皆、モンスターなのかもしれないということになってしまう…。 万田さんの映画を見ると、なぜこんなヘンな気持ちになってしまうのか…。

あと、『接吻』は小池栄子の横顔を撮ることにこだわっていると知人の柘山一郎氏が以前に指摘されていたが、ヒロインが犬を演じる『イヌミチ』も女優の横顔(それも犬のふりをしている横顔)を撮ることにこだわりがあるのかなーという気もする。そういう意味ではゾクゾクしたのはお風呂のシーン。あれも女優の横顔になんだか、妙にこだわりがあるんだよなあ…。

それから、『イヌミチ』にあわせて買った『イヌジン』というパンフレットみたいなもの(?)に、千浦僚氏が「特選!!イヌミチ映画」というのを書いているんだけど、その中にインド映画『三日月』があげられていて、そういう映画、あったなーと思い出した。どこかで再見する機会はないだろうか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ