2014/10/23

シンポジウム「映画の振興を国家文化戦略に」、感想  映画

衆議院第一議員会館大会議室で開催された、文化芸術振興議員連盟の国会議員の先生たちが開催したシンポジウム「映画の振興を国家文化戦略に」、参加してきました。国会議員の先生方が映画の文化戦略について、どのように考えているのかと思って参加したのですが、うーん、現状の問題点を整理して改めて知るにはためになりましたが、深まる議論がされていたシンポジウムだったとまでは思えず、ちょっと不満な内容だったでしょうか。
以下、漠然と思っていることを自分なりに整理する意味でも、思ったことを書いてみます。
否定的な感想を抱いたので、少々、筆が荒れるかもしれませんが、ご勘弁ください。
このシンポジウムの一番、中心的な課題は、著作権の問題と、映画作品の保存の問題でした。
前者は、現在、デジタル化で映画(映像)のあり方が大きく変わり、従来の映画の著作権のあり方でいいのか?が問われている、著作権をどのようにしたらいいのか?という議論。
後者は、日本映画は海外に比べても映画フィルム保存率が低く(戦前の映画フィルムの保存率は10パーセント)、デジタルアーカイブ化が遅れている、このままでは貴重な文化遺産の多くの映画作品が埋もれてしまう、どうしたらいいのかという議論です。
著作権の問題と、映画作品の保存の問題が大きなテーマというテーマ設定はまったく妥当だと思います。しかし、議論として深まったものだったのかが疑問でした。
まず、第一部は、野田聖子さん(衆議院議員、映画議員連盟会長代行)、福井健策さん(弁護士)、崔洋一監督、秋元康さん(作詞家・映画監督)というパネリストで討論をしたのですが、崔洋一監督が、従来の、日本映画監督協会の著作権の主張、すなわち、現状の著作権法の第29条を撤廃し、現在のように製作者に著作権が一元化されていることから、監督が映画の著作権者になる形にするということを熱く主張されました。個人的には、映画監督がなんだかんだ言っても映画を代表する著作者ではないかという作家主義的な考えはうなづけるところはあるかと思うのですが、しかし、この提案には、製作者、プロデューサー側の人達をはじめ、業界で反対の考えの人もいるのではないかと思います。私がこの第一部のパネルディスカッションで不満だったのは、崔洋一監督が熱く語り、主張するのはいいんだけど、それに対して強く反対する意見の者は他のパネリストにいず、なんとなく、崔監督が熱く語る、周りがそうですね…と言って終わるみたいな感じだったことです。これではディスカッションになりません。本当は、崔監督と反対の考えを持つ方をパネリストに加え、対決させたなら、本当に熱いディスカッションになったのではないか。崔監督が熱く語る、それに熱く言い返すやつがいる、それこそ、映画人は熱いなあと思えるのであって、崔監督がひとりで熱くなっているのでは違うのではないかと思います。映画の著作権を製作者(プロデューサー)から監督に移すべきと崔監督が語り、それに対してそれは違うと反論する、だけれどもデジタル時代の中で著作権のあり方がいまのままでいいとは思っていないという点では両者の方々は共通する問題意識を持っているはずで、ではどうすればいいのかということを議論していってこそ、議論が深まっていくのではないでしょうか。
次に、第二部は、文化芸術振興議員連盟の国会議員、6名の方がパネリストで「日本の映画振興政策を考える」という議論を行ったのですが、総じて、私が不満だったのは、著作権のあり方を見直す必要がある、映画作品の保存を考えないといけない、若い人達を映画館に呼び込むようにしていかないといけない、地方の映画館を活性化させないといけないなど、大枠で、こうしないといけないということを各議員の方たちが理念を話すのですが、では具体的にどうすればいいのかという、具体的な政策提案のようなものがほとんどなかったことです。著作権のあり方を見直す必要があるというならではどのように具体的に著作権法を見直すのか、どういう条文を新たに提示するのかとか、映画作品の保存のためにどういう政策があるのかとか、具体的な政策を立案していくのが政治家の仕事なのではないでしょうか。今回のシンポジウムでは各議員が理念を語るだけで終わってしまった感じで、具体的な政策の提案がほとんど何もありませんでした。日本映画の問題について、具体的な政策はこの政治家の方たちには何もないのだろうかと訝ってしまいました。
少し、筆が滑りすぎて、書き過ぎた気もしますが、正直にいま、感じている感想を記して、今日は眠ります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ