2014/11/1

『小林多喜二』  映画

『小林多喜二』(今井正)を見た。
佐藤忠男がこの映画について共産党の宣伝映画みたいとか書いていて、まあ、それはその通りなのだが、しかし、どこか、そういう印象だけには収まらないところがある映画なのもたしかだ。なんていうか、題材は小林多喜二という、まさに重い題材なのに、今井正はさらっと撮る。多喜二の死の場面など、なんと歌になっていて、ミュージカルになっているのだ。小林多喜二でミュージカル?真面目な今井正監督が一体、どうしたのだ!?と思われるかもしれないが、実は、この重い題材を軽くさらっと撮るというのが今井正監督の演出の特色なのだ。実は、今井正という監督は、真面目な社会派監督というだけでは収まらないところがあるのではないか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ