2016/10/5

『君の名は。』  映画

ようやく、新海誠監督『君の名は。』を鑑賞。タイムパラドックスの処理の仕方に疑問が残る点はあるものの、新海誠監督の作家性というのか、『ほしのこえ』以来、SFものでありながら携帯など、日常的なアイテムで少年、少女の気分をとらえる遠距離恋愛ものという、やっていることの一貫性はそのままで、今回はスケール大きな話も取り込みエンタメ作品にしてしまったという、作家性はそのままでエンタメとしてスケールアップしてしまったという力量には素直に感嘆するべきなのだろう。亡き、かがみあきらの路線の最上の達成ではあるのだろう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ