2005/7/4

都議選結果  時事問題

他の都議選結果を見ると、さすがに公明党は手堅い。何しろ、公明党は候補者がいる選挙区に支持者が引っ越しするって言うんだから。さすがにこれは他の政党には出来ない。
共産党もだけど生活者ネットもちょっと減ったんだね。ネットは民主党と連携しているのか、ネットが出るところでは民主党候補は出ないとしているのだけど、それでも議席を守れなかったか。まあ、そうは言っても社民党にくらべればたいしたものではある。
杉並区の中核派系の長谷川英憲氏。教科書問題でビラをまいて頑張っていたようだがかなり下位で落選。
諸派で当選したのは、世田谷区の行革110番の後藤雄一氏。地道な活動がしっかりと評価されているようだ。

(訂正)
「ネットが出るところでは民主党候補は出ないとしている」と書いたけど、よく見たら、日野市、南多摩、北多摩2区など、限られた地域だけだった。民主党との連携がうまくいかなかったというのか、23区などではさすがに民主党が譲ってくれなかったのであおりを食ってしまってネットの議席数が減ったよう。あと日野市が共産党に持って行かれたのが予想外だったのか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ