2005/7/20

小林米作カメラマンが100歳に  映画

東京シネマ新社のHPを見たら、科学映画のカメラマンとして知られる小林米作氏が100歳になったという。小林氏は現役でカメラマンの仕事をされている。これは凄い。

*関連サイト
http://tokyocinema.net/
「東京シネマ新社」
小林米作さん 萬寿無彊 100歳おめでとう
 
旧東京シネマで活躍された科学映像の世界の大先輩、小林米作さんが、100歳を迎えられます。そのご長寿の限りないことを願いつつ。
東京シネマ時代の代表作のひとつ、「生命誕生」のストリーミング画像(全編 )をお楽しみ下さい。有料頒布されているDVD-Rの画質は、より優れたものであることは言うまでもありません。しかし、この画質のレベルのものが無料で見られるようになることを当社は歓迎しています。

「未来」7月号
岡田秀則氏の科学映画小論「科学から空想へ」
http://users.ejnet.ne.jp/~manuke/zatsu/eiga/kagakueiga.html

(以下の記述があり。)
「極微の世界で繰り広げられる裸体の“死闘”、その身も蓋もない平板な手触りに打ちのめされた。以来、映画に“肉弾戦”を導入したことで想起される名前は、ロバート・オルドリッチを除くなら、数日に及ぶ微速度撮影を不屈の集中力で貫徹したキャメラマン、小林米作となった。プロデューサー岡田桑三、脚本家の吉見泰とともに東京シネマの科学映画“三羽烏”となった小林だが、やがて同社を離れてヨネ・プロダクションを設立すると、科学映画、とりわけ医学の分野によりハード・コアな表現を生むことになる。例えば同社の初期作品『ぜんそくを探る』(1969年)は、泡のような粘液が手前に流れてくる喘息患者の気管支の中を、縦の構図で否応なく見せてくれるだろう。そこには、観たいという欲望を、観る側の意思にかかわらず強引に汲み上げられるような暴力的な快楽がある。恐らくそれは映画を作ったスタッフの意図とはまるで関係がない。」


http://d.hatena.ne.jp/shimizu4310/20050325
2005-03-25 御成門から見た東京タワー(内容とは無関係!)

昨日の朝日新聞より…

■ [邦画]生誕100年の大物監督が目白押し
『今年生誕100年を迎えるのは成瀬だけではない。
 一気に6人の大物監督が「100歳」になるのだ。
 おかげでフィルムセンターはスケジュールがぎっしり詰まっている。』

1905年生まれの「大物監督」6人とは…

成瀬巳喜男(『浮雲』)
稲垣 浩(『無法松の一生』)
豊田四郎(『夫婦善哉』)
中川信夫(『東海道四谷怪談』)
斎藤寅次郎(『エノケンの法界坊』)
野村浩将(『愛染かつら』)

最後の2人がウレシイですね。特にナンセンス喜劇の斎藤監督、なるべく戦前のイカレた作品が見たいなあ。

生誕100年の映画作家さんは他にも…

倉田文人(『ノンちゃん雲にのる』)
伊賀山正光(『水戸黄門』から『がんばれロボコン』まで!)
三木 茂(『黒い太陽』『戦ふ兵隊』)
小林米作(『ミクロの世界』…御健在!!7月で100歳です)

なるほど。短篇調査団もそこらへんはちょっとだけ意識してプログラムしてみようかと思います。
とりあえず4月20日に上映予定の『ガソリン』、
小林米作さんの超絶ミクロ撮影が炸裂していましたよ。
すごく楽しみ&乞うご期待。

0



2005/7/26  22:49

投稿者:kusukusu

どうもです。
ヤフーで「小林米作」と入れて検索したら上の記事
が出てきました。

2005/7/26  22:16

投稿者:shimizu4310

ご紹介ありがとうございます!
8月24日(水)の「短篇調査団」に小林米作さんの『生
きているパン』『選ばれた乳酸菌』を上映する予定
です。


http://d.hatena.ne.jp/tancho/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ