2005/3/31

北朝鮮ーイラン戦  スポーツ・将棋

北朝鮮ーイラン戦でついに騒ぎが。以前、イランで行われた「北朝鮮ーイラン」戦で爆竹のようなものが投げ込まれ北朝鮮選手が負傷したことがあったというからそのしこりもあったのでしょうか。

>判定めぐり数千人暴徒化 平壌の競技場

 【平壌30日共同】サッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選北朝鮮−イラン戦が行われた平壌の金日成競技場で30日、試合中の判定をめぐって観客が暴徒化し、審判にビール瓶を投げ付けたり、競技場出入り口でイラン選手につかみかかろうとしたりして騒然となった。
 競技場前には一時数千人が集まり、出動した警察官ともみ合う場面もあったが、群衆は競技場から遠ざけられ、1時間余りでほぼ沈静化した。けが人の有無は不明。イランチームと審判団、外国報道陣は競技場内の部屋に一時避難した。
 約5万人収容の競技場は超満員。ビールや焼酎を飲みながら観戦する客が目立った。
 試合終了間際、攻め込んだ北朝鮮選手がゴール前で倒れ、複数の同国選手が「イラン選手が足を掛けた」と審判に激しく抗議し、1人が退場処分に。これをきっかけにスタンドから瓶や缶、取り外した座席などがピッチに投げ込まれ、試合は約10分間中断した。
 北朝鮮は0−2で敗戦。
[ 3月30日 22時3分 更新 ]


>北朝鮮 試合途中で引き揚げ(2003年11月)

 国営イラン通信によると、サッカーの2004年アジア・カップ2次予選、イラン―北朝鮮は12日、テヘランで行われたが、後半途中に打ち切りとなった。
 後半11分にイランのFWダエイが得点。これで興奮した観客がピッチに爆竹のようなものを投げ入れ、北朝鮮の選手が負傷した。抗議の意味で北朝鮮が選手を引き揚げたため、試合が完了しなかった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ