2005/8/19

イスラエル、ガザ撤退関連ニュース(2)  イスラエルとパレスチナ、中東

<イスラエル>軍が礼拝堂突入、反対派強制排除 ガザ地区
 【エルサレム海保真人】イスラエル軍と警察部隊は18日、ガザ地区最大のユダヤ人入植地ネベデカリムと中規模入植地クファルダロムで、入植者撤退に反対する若者らが立てこもる2つのシナゴーグ(ユダヤ教礼拝堂)に相次いで突入、力ずくで退去させる強行策に出た。クファルダロムのシナゴーグでは、反対派が警官隊に対しペンキを投げつけるなど激しく抵抗し、一部混乱した。シナゴーグは反対派にとっての「最後の砦」で、国を挙げての撤退策は大きなヤマ場を迎えた。
 ネベデカリムでのろう城は17日から続き、軍当局は約1000人の反対派が自主的に退去するようユダヤ教関係機関を説得していたが、交渉は決裂。このため午後3時半(日本時間同9時半)、包囲していた数千人の軍部隊が踏み込んだ。
 反対派の若者らは「ユダヤ人はユダヤ人を追放できない」と手拍子で絶叫。互いに腕を組んで床に寝そべり、3〜4人がかりで引きずり出そうとする兵士たちに懸命に抵抗した。
 一方、約800人の反対派がろう城したクファルダロムのシナゴーグでは、屋上から生卵を投げつける若者らに高圧放水銃を浴びせた後、警官隊が突入した。
 強制排除2日目のこの日は、クファルダロムなど計4カ所の入植地で新たに撤退作業が進められた。各地で家屋やタイヤに火がつけられるなど抵抗が続いた。
 イスラエル放送によると、警察幹部は18日の政府閣僚会議で、入植者らの撤退が22日か23日には完了するとの見通しを報告した。
 ◇礼拝堂に反対派1000人 通路に油まき抵抗
 【ネベデカリム(ガザ地区南部)樋口直樹】イスラエルの撤退作業が続くガザ地区最大のユダヤ人入植地ネベデカリム。軍・警察部隊は18日午後3時半(日本時間同9時半)、約1000人の反対派が立てこもるシナゴーグ(ユダヤ教礼拝堂)へ突入、強制排除に入った。ユダヤ教徒がほぼ100%を占めるイスラエルで、政府が宗教施設での強制執行に踏み切るのは極めて異例だ。
 「10分間の猶予を与える。そこから離れなさい」。午後3時20分、シナゴーグのある複合施設をぐるりを包囲していた部隊の司令官が、スピーカーを通じて最後通告を行った。
 立てこもっていた反対派の若者が、兵士を滑らせようと外からシナゴーグのある2階へ続く狭い坂道に食用油をまく。男女別に集まった2カ所の礼拝堂からユダヤ教の歌声が響き渡るなか、数千人もの部隊が隊列を整えて施設内へ突入した。
 「ただ祈るだけです。同じユダヤ人同士が憎しみ会うことのないように」。ヨルダン川西岸の入植地から10日前に祖父母が住むネベデカリム入りした主婦マルガさん(26)は18日朝、シナゴーグのある複合施設まで数十メートルに迫った軍部隊の包囲網に目をやり、強制排除を前にした心境をこう語っていた。
 シナゴーグに立てこもる反対派のほとんどは、ガザ地区外から駆けつけた「応援組」。反対派のシンボルカラーのオレンジ色のTシャツを着た人々の大半は10代の若者で、軍の突入前に屈託なく話し、元気に歌をうたう様は夏休み中の合宿のようにも見えた。
 ガザ地区とヨルダン川西岸は、イスラエルが67年の第3次中東戦争で占領した土地だ。国際社会はガザと西岸にパレスチナ人の独立国家を建設させ、イスラエルとの平和的共存を目指す方向で一致しているが、両地を「神に約束された地」の一部とみなす宗教的な右派勢力は、占領地からの撤退をかたくなに拒んでいる。
 反対派の怒りは、軍や警察にではなく、ガザ撤退を決定したシャロン首相と撤退を強く後押ししてきた米国に向けられている。「ブッシュ(米大統領)とシャロン(首相)は神と聖書に宣戦布告した」。シナゴーグに掲げられた大型ポスターのスローガンが、彼らの論理を象徴していた。
(毎日新聞) - 8月19日1時37分更新


ガザ入植地、21か所のうち16か所で排除完了
【エシュコル(イスラエル南部)=佐藤秀憲】ガザ地区のユダヤ人入植地で入植者らの強制排除を続けているイスラエル治安部隊は18日、ネベデカリムやガンオルなど新たに入植地5か所で排除を完了した。

 イスラエル放送によると、これでガザ地区の入植地21か所のうち16か所で排除を終え、撤去作業は大詰めを迎えた。

 クファルダロムでは、若者ら数百人が立てこもり、抵抗の拠点となっていたシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)の屋上に、治安部隊が同日夜、はしごを使って突入、若者らを強制排除した。若者の大半は、ヨルダン川西岸の入植地などから駆け付けた宗教右派の支援者。

 この際、若者らは治安部隊に塗料などを浴びせて激しく抵抗、治安部隊も高圧放水銃で対抗した。双方で60人近くが負傷、逮捕者は約220人に上った。15日から始まった撤去作業で、これほど大量の負傷者が出たのは初めて。

 治安部隊は18日、ガザ最大の入植地ネベデカリムでも、若者ら約1500人が居座るシナゴーグの制圧に成功した。

 治安部隊は同日だけで、入植者と支援者約5000人をガザ全体から排除した。
(読売新聞) - 8月19日12時28分更新
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ