2005/10/31

唐突に牧野富太郎の企画を考える  

「人生とんぼ返り」さんのブログに唐突に牧野富太郎の話が書いてあって。

「牧野富太郎って」
http://naruse.exblog.jp/2094054

これを読んでついコメントしたのですが、牧野富太郎伝のドラマって、意外といい企画かも(笑)。
南方熊楠はけっこう取上げられてきているけど、牧野富太郎も真面目な研究者としてだけでなく新たな角度でとらえるというのは面白いかもしれないと思います。
たとえば牧野本人だけでなく妻との話をドラマにすればいいんじゃないかと思うんですね。
以下にあるようなエピソードを。

http://www.hps.hokudai.ac.jp/hsci/novel/MAKINO.HTM

>牧野富太郎も認めるように、寿衛子の作ったこの料亭「いまむら」は彼女の才能と要領のよさとのために、そしておそらくもっと大きな原因は牧野富太郎自身が直接経営に関係しなかったために、一時非常に繁盛したこともあった。だが東京帝国大学理学部講師の夫人が料亭を経営するということは、大学に怒りと軽蔑を引き起こした。そしてこの料亭の繁盛ぶりは一層大きな怒りと軽蔑を引き起こした。寿衛子もこのことを十分わかっていたので、子供たちを絶対に「いまむら」には近付けなかった。理学部長の五島清太郎は牧野富太郎の事情をよく理解しながらも、料亭の経営から手を引くことを勧めた。だが生活費を得るために必要だという牧野富太郎の料亭に関する信念が、他人の意見などで変わる筈がなかった。しかも皮肉にも反対されればされるほど料亭は益々繁盛したのである。セザンヌは、自分の描く絵で生活出来るような画家は本物ではない、自分の絵で生活出来ず妻に養ってもらうようでなければならないと述べているが、この意味でも牧野富太郎は真の植物学者なのであった。

こういうエピソードを植物学者の牧野の話と絡める。たしか、牧野が発見したもので奥さんの名前をつけた植物とかもあったでしょう。そういう話題も絡めてドラマにする。
監督は沢井信一郎はどうでしょうかね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ