2005/11/18

『ALWAYS 三丁目の夕日』  映画

評判の作品で期待していたのですが、それほどでもなかったでしょうか。
CGやセットによる昭和33年の東京の町並みの再現はたしかに素晴らしく、建設中の東京タワーを見ているとなんだか胸騒ぎを覚えて途中まではかなり乗って見ていたのだけど、だんだん平板な展開のように思えてきてしまい、ちょっと後半は飽きてきてしまいました。
いくつかのエピソードが平行して進むのだけれども、それぞれのエピソードはよくまとまっていていいシーンもあるのですが、いろいろな人物の話が絡んでいき大きなクライマックスを形成していくという風に進むのかと期待していたら、そうでもなく、いろいろなエピソードが平行して進む一方な感じなので、いろんな話のオムニバスを見ているような感じがしてきてしまいそこがちょっと平板に思えてしまったようです。
それと、堤真一や吉岡秀隆がかっとして暴力をふるったり喧嘩したりするシーンがあるのだけど、そうした喧嘩がすぐおさまってしまい、またたとえば酒を飲んで暴れるみたいなシーンがまるでなかったのも、ちょっとリアルさに欠ける気がしました。かっとなる性格ならそういうシーンがもっとあっていいように思ったのですが。
たとえば日本映画の名作と言われる『無法松の一生』の主人公、無法松はもっと型破りの粗野で喧嘩ばかりしている人物だけれども、一方では純情だったり人情味があったりするところがあってその2面性が魅力となっていると思うのですが、この映画の登場人物たちの2面性の描き方はそれほど徹底していなくて、ちょっと中途半端な感じがしました。
とはいえ、再現した当時の町並みを見るためだけにでも見る価値はある作品かとは思います。
0



2005/11/18  23:13

投稿者:kusukusu

コメント、有難うございます。
この映画の意図は分かりますし、評判になっている
のはその意図が多くの人が共感を覚えていることだ
からなのかとは思います。
他にも『春の雪』『カーテンコール』など、日本映
画もちょっとレトロブームなのかな。

2005/11/18  2:19

投稿者:真魚

TBありがとうございました。
確かに、昔の日本映画と比較すると物語としてはまと
まっていないですね。風景描写もCGだから、例えば
同じ東京の話でも、小津安二郎の映画とはとても比べ
ものになりません。映画作品としては、極めて今風の
映画でした。ただ僕はどちらかというと社会学的に見
る方ですから、平成の今、昭和33年をこうしたディ
フォルメされた形で「良き時代」と振り返るのはなぜ
なのかということを考えてしまいます。

http://night-news.moe-nifty.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ