2005/11/18

『エリザベスタウン』  映画

奇妙な味わいを持つ、脱力系恋愛ごっこ映画だと思いました。
「脱力系恋愛映画」ではなく「脱力系恋愛ごっこ映画」と書いたのは、この映画の話は男と女の双方が「本当の恋愛」ではなく「恋愛ごっこ」であることを意識しあって対峙しているとしか、思えないから。たぶん本当の恋愛はまだ始まっていない。
そもそもいくら恋愛はいつ始まるかは分からないとはいえ、この映画の主人公が置かれた最悪の状況では恋愛どころではない。むしろ、この状況で始められてしまったのは「本当の恋愛」ではないことが意識されているからではないだろうか。「本当の恋愛」ではなく「恋愛ごっこ」でなければとてもあの状況では始められないと思う。しかし、逆に言うと、ハードな状況だからこそ、そういう気晴らしの「恋愛ごっこ」を必要としている状況なのであり(大体、本当に真剣な恋愛というのはハードなものだから他のことでハードな状況でさらにそうしたハードなものは抱え切れないのだから)、たぶんこの主人公は「恋愛ごっこ」と割り切ったからこそ、逆に「本当の恋愛」とは異なる映画みたいな「恋愛ごっこ」を一時的に出来るかもしれないと思って試そうとしたのだと思う。この状況だからこそ逆に「現実の恋愛」とは別に憧れていた「映画みたいな恋愛」を一時的な遊びとしてしようとしたのではないだろうか。
女の側がなぜそれに反応したのかという疑問はあるかもしれないが、とりあえず女の側にもハードな現実の恋愛とは別に「映画みたいな恋愛ごっこ」をしてみたいというなんらかの欲求があったのだと了解するしかない。女の側がこういう反応をするかという疑問は、もしキルスティン・ダンストが演じていなければたしかに違和感として残ったかもしれないが、この女を演じるのがキルスティン・ダンストであるがゆえに納得できるような気はするのだ。
キャメロン・クロウ監督は「ワイルダーならどうする?」という本を書いているぐらいなのだからシネフィルなのは疑いようもなく、この映画でもオードリー・へップバーンにオマージュを捧げたらしきシーンも出てくるのだけれども、しかしこうした過去の映画へのオマージュが、前述したように「映画みたいな恋愛ごっこ」をしようとしていることに重ねられているところにこの作品のひねりがあると思う。
そして、がちがちの必然性がある展開をするドラマとしてつくりこんでしまわないで、脱力系の、唐突に必然性がないことがいきなり起こるだらだらしたタッチであることで「映画みたいな恋愛ごっこ」をしている2人の距離感を微妙にとらえ出しているのだと思う。
さらに、この映画の中では深くはつっこまれて描かれていないが、この主人公の父と母はいい時ばかりでなく関係が悪い時やいろいろな時があったはずで、そうしたハードな父と母の恋愛の話が、一時的な恋愛ごっこをしている2人と対比して見せられることによって、「恋愛ごっこ」なのにもかかわらずその中にある真実味がある感情がふとこぼれてしまっているのではないだろうか。
いや、「恋愛ごっこ」であったって人と人とにそれぞれ感情というものはあるわけで、逆に「ごっこ」だからこそ、真実味がある感情がこぼれてしまうということもあるのかもしれない。
特に、それを演じるのがやっぱりキルスティン・ダンストであるわけだから、「ごっこ」であったとしても、いや、「ごっこ」であるがゆえにより一層、等身大の真実味がある感情がこぼれてしまうのだと思う。
とかく、性格ブスとも言われるキルスティン・ダンストだが、決して性格ブスというわけではなく、「等身大の女の子」なんだと僕は思うのだ。「等身大」と言っても「等身大の普通の女の子」なのではない。「等身大の変わった女の子」なんだ、キルスティン・ダンストは。
0



2005/11/21  22:05

投稿者:kusukusu

鳥の炎上シーンの裏の意味、以下のブログの記事に
こうありました。

http://fabclub.cocolog-nifty.com/frb/2005/11/
post_a8a4.html

>余談ですけどもパーティでの「フリーバード」演
奏場面はやっぱ見せ場ではあるかと思うんですが、
あの鳥のディスプレーに火がついて会場を落下する
場面はようやるなーというか、ちよっと前ならブ
ラック・ジョーク過ぎではないのかなーと思ってみ
てました。レーナード・スキナードといえばとりあ
えず代表曲といえば「フリーバード」だし、飛行機
事故でメンバー複数名が事故死して当時リリースさ
れたばかりだったアルバム・ジャケットでメンバー
の周りを炎が取り囲んでいるのがちょっと意味深、
不吉、不謹慎であるって事でアメリカ版では差し替
えになったりしてましたし、当然クロウ監督だって
その辺のことは頭にないわけはないだろうから狙っ
てたんだろうとは思うけどもね。ちなみにこの曲と
U2の「Pride (In the name of Love)」はサントラ
には収録されてないみたい。

2005/11/21  14:26

投稿者:kusukusu

そう言えば、この映画の主人公の父と母は東京のエ
レベーターの中で出会ったとか、言っていませんで
したっけ? このエレベーターっていうのは『ア
パートの鍵貸します』から来ているのか?

この映画のすごいところは、設定と展開はそんな馬
鹿な、あり得ないということが続くし、単にシネ
フィルが暴走してしまった映画なのかと言うと・・
そういう要素もあるけど、それだけでなくて、役者
は自然体でナチュラルなんで、突飛な設定でも気持
ちは伝わるんですね。
たしかに中途半端なつくりなんだけど、でも実際の
恋愛っていうのも中途半端だったりするわけじゃな
いですか。「これは恋愛なのかなあ?」とか、「と
ても今は恋愛どころじゃないんだけど」とか、そう
いう風に思いながら、やってたりするわけじゃな
い、実際も。恋愛という感情は中途半端なものであ
るわけで。あるいは、親が死んだら悲しい一方かと
いうと、そうでもなかったり、いろいろな感情が中
途半端にあるわけで。
つまり、この映画が中途半端でだらだらしたつくり
の映画だからこそ、そういう感情は伝わるんです
ね。
典型的なハリウッド恋愛映画のようで、全然、違う
ことをやっているようにも思える。ある意味、キャ
メロン・クロウがやっていることはホン・サンスの
映画に通じるようなことなんです。僕の中ではね。

2005/11/20  23:53

投稿者:kusukusu

コメント、有難うございます。
踊りのシーンは曲はムーンリバーでしたので、
『ティファニーで朝食を』と関係あるのでしょう
か?
『ローマの休日』の靴のシーンの引用もありました
よね。
しかし、靴つくりに失敗という話なのだから、こう
いうシーンを入れるなら靴つくりの話に何か、関連
づけて入れればいいのに、全く脈絡も何もなく、
ぽっとこういうシーンが出てくるんですよね、この
映画。
あと仕事で失敗して傷心の青年とスチュワーデスと
いう設定は『アパートの鍵貸します』のジャック・レ
モンとシャーリー・マクレーン(エレベーター
嬢)っぽいですよね。

しかし、カップルで見てはいけない恋愛映画って一
体、なんのためにつくったものなんですか?(笑)

2005/11/20  22:38

投稿者:栗本 東樹

こんばんは〜。
コメント、ありがとうございました。

なるほど、「恋愛ごっこ映画」ですか。
見方がさりげなく深いですよね。勉強勉強。
あの鳥の模型が燃えるシーンは
何かのオマージュなんですか?
あとサランドンの踊りとか(笑)。
いずれにしても、カップルで観ちゃダメですよね?
新宿スカラ1は水を打ったように静まり返っていました(笑)。

なんでコレがスカラ1で、
『イン・ハー・シューズ』 が3だったんだろう…?
イン・ハーは満席だったのに。

http://eigajigoku.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ