2005/11/21

『エリザベスタウン』 (2)  映画

前の『エリザベスタウン』の記事のコメント欄で書いたことを整理してまとめてみました。

『エリザベスタウン』
ー中途半端さが味わいになっている奇妙な映画ー

この映画は中途半端なつくりのところがあり、それが不評の要因のひとつになっているのかもしれませんが、個人的にはその中途半端さが味わいとなって面白く思えてしまうという奇妙な作品のように思いました。

キャメロン・クロウ監督は、ビリー・ワイルダーにインタビューした「ワイルダーならどうする?」という著書があるぐらいのシネフィルの監督で、この映画でも往年のハリウッド映画へのオマージュと思われるところが散見されました。
まず『ローマの休日』のワンシーンがテレビに写っていて、引用されているところがあります。それから送別会のシーンでは『ティファニーで朝食を』の曲、ムーンリバーが流れます。これらはオードリー・へップバーンへのオマージュでしょう。
また主人公の父と母は東京のエレベーターの中で出会ったという設定ですが、これはワイルダー監督の『アパートの鍵貸します』のシャーリー・マクレーンがエレベーター嬢という設定から来ているように思います。
そういえば、仕事に失敗して傷心の青年とスチュワーデスという設定は『アパートの鍵貸します』のジャック・レモンとシャーリー・マクレーン(エレベーター嬢)の設定に関連性があるような気がします。

このように過去の映画へのオマージュがあるのですが、しかし散発的にそうしたシーンや設定が盛り込まれ、話の流れとして結び付いて機能していないような感じはします。
たとえば、これは靴の製造に失敗してという話なのだから、靴の製造の話に『ローマの休日』の王女の靴のシーンからの引用やスーザン・サランドンがタップで踊るシーンを関連づけていけばもっとストーリーの脈絡がつながっていったのではないかと思うのですが、そうしたことはしていないようです。
もしかしたら、単にうまくストーリーを連関させることに失敗したのかもしれません。
しかし、この映画が不思議なのは、設定や展開はそんな馬鹿なと思えたりリアリティがないものなのにもかかわらず、シーンごとにはリアリティが感じられることです。それは、オーランド・ブルーム、キルスティン・ダンスト、スーザン・サランドンらの役者の演技が自然体でナチュラルなので、突飛な設定でも気持ちが伝わるものになっているからかと思います。
そして、気持ちの中途半端さということを、中途半端なつくりの映画であるがゆえに伝えるものになっているように思うのです。
そもそも実際の恋愛の局面でも気持ちというのは中途半端にあったりするものではないかと思います。たとえば「これは恋愛なのかなあ?」とか、「とても今は恋愛どころじゃないんだけど」とか、そんな風に思いながら恋愛をしていたりしないでしょうか?
あるいは、恋愛だけではなく、たとえば親や知人が死んだら悲しい一方なのかというと、そうでもなかったり、いろいろな感情が混合して中途半端に人の中にはあるように思えます。
つまり、この映画が中途半端でだらだらしたつくりの映画だからこそ、そういう中途半端な状態の感情が伝わる作品になっているように思うのです。
もしかしたら、キャメロン・クロウ監督が作り方に失敗してそうなった要素もあるのかもしれないけれども、意図してこのように作っているようにも思えます。
少なくとも、設定のリアリティはある程度、無視して、各シーンの役者のナチュラルさを大切にしようという意図はあったのではないかと思われます。

個人的にはこの映画でキャメロン・クロウ監督がやっていることは『女は男の未来だ』でホン・サンス監督がやっていることに通じるところがあるような気がちょっとしました。
0



2005/12/7  17:04

投稿者:kusukusu

コメント、有難うございます。
kouさんはTBSの2時間ドラマ、月曜ミステリー劇
場の脚本を書いたりしているシナリオライターの方
のようですね。
2時間ドラマのプロットって見たことありますが、
すごく念入りに書かれていてこうしたものを書くの
は大変だなあと思いました。
火曜サスペンス劇場はなくなってしまったようです
が、頑張ってください。
実は僕はドキュメンタリーではなくドラマのシナリ
オライターになることもちょっと考えてシナリオ学
校にいったこともあるんですが、向いてなさそうな
のでやっぱりドキュメンタリーのほうをやっていこ
うと思い直した人間ですので、ドラマのライターと
して現場で活躍されている方はすごいと思ってしま
います。

2005/12/7  15:21

投稿者:kou

トラックバックありがとうございます。クロウ監督の
ワイルダーへのオマージュとも言える作品かもしれま
せんね。父に捧げる映画とのことですが、映画界の
父・ビリー・ワイルダーにも捧げているのかもしれま
せん。
また遊びに来てください。

http://kou-image.cocolog-nifty.com/koudiary/

2005/12/3  3:04

投稿者:kusukusu

今晩は。
アメリはちょっと浮かんだけど、パンチドランク・
ラブは全然、出て来なかった。
それより、もっと昔、60年代より前の、ハリウッ
ドのスクリューボールコメディやヘップバーンの映
画のような味わいがあると思って、僕はどっちかと
いうとそっちの方を気にしてました。そういうオー
ルドのハリウッド映画の味があるのは貴重だなと
思ってしまう。
パンチドランク・ラブはアルトマンとかの影響はあ
るんだろうけど、あまりオールドなハリウッド映画
の記憶は感じないので。感じるとしても70年代の
映画の記憶で60年代以前の記憶はあまりないみた
いな感じで。
うーん、でもパンチドランク・ラブと重なる部分が
あるとするなら、アダルトチルドレン的なテーマが
やっぱりあるのかなあ?
ただパンチドランク・ラブはアダルトチルドレン的
なテーマが出過ぎているかなあと思えてしまい、好
きになれなかったので、エリザベスタウンぐらい、
オブラートもあった上でそういうテーマをやってく
れていたほうが個人的にはいいのかもしれません。

女は男の未来だ、は僕は、結局、恋愛でもなんでも
ない話だというのが良かったんですが。たしかにロ
マンチックではないけれども。最後も、ええ、これ
で終わりなのかって。ある程度、ホン・サンスの映
画だからこういう感じのものかなと予測してはいた
んですが、それをさらに上回る外し方というのか、
ええ、ここまでなんでもない話をやらなくてもいい
んじゃないかと思ってびっくりした。

2005/12/3  1:56

投稿者:かえる

パンチドランク・ラブっぽいと思ったのは私だけ?
主人公のトホホっぷりと母性的でキュートな彼女。
クレアのキャラはアメリの陽気なアメリカン・バージョンでもあり・・。
コネタが充実したラブストーリーというカンジ。
ロマンチックで楽しくてとても気に入りましたよー。
恋愛パートに関しては、そんなにあり得なくもない気がしました。
『女は男の未来だ』はリアルっぽいところがおもしろかったんだけど、全然ロマンチックじゃないのでイヤですー。笑えるのみ。
エリザベスはなかなかの胸きゅん映画でしたー。

http://latchodrom.exblog.jp

2005/11/23  11:13

投稿者:kusukusu

クロウ監督自身の父の死からインスピレーションを
受けた話らしいですね。恋愛面でも、もちろんこの
映画そのままの展開というのはあり得ないと思うけ
ど、携帯電話で話すシーンとか、似たような体験が
あってそこから話を考えているのではないでしょう
か。
そんな風にひとつひとつのシーンは自分の実体験、
自分が経験したことから発想しているから、クロウ
監督自身はノッてつくっているんだけど、話の配置
のバランスとか結び付きとかがうまくいかなくて変
な映画になってしまったんでしょうか。
でも僕はそういう変なところも含めて好きなわけで
すけれども。

2005/11/23  1:56

投稿者:栗本 東樹

こんばんは!
わざわざどうもありがとうございました!

あの鳥の模型が燃えるシーンは、
けっきょくドラマの内容にはとくに関係なかったんですね(笑)。
そう言えば、『あの頃ペニー・レインと』 でも、
ラストのあたりで主人公たちの乗った飛行機が
トラブるみたいなシーン、ありませんでしたっけ?

けっきょくこの映画、
いろんなものを詰め込みすぎて
消化不良を起こしてるんでしょうか?
つないだものを観るよりひとつひとつのシーンを
小分けにしながら観るのがいいかもですね。
それにしても、クロウがそんなに
ハリウッドの王道が好きだなんて知りませんでした。勉強勉強。

ホントにわざわざありがとうございました!

http://eigajigoku.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ