2005/11/29

ヴェンダース  映画

ヴェンダースの『ランド・オブ・プレンティ』に関しては、いい感じの作品だなと思って好感はもったけど、特に個人的に思い入れするものでもないし、あまり言うこともなかったんですが。
ただヴェンダースらしくちょっと映画マニアっぽいかなと思うのは、ベトナム後遺症の話が出てくることでしょうか。70年代後半から80年代初めにベトナム戦争後遺症映画って流行ったじゃないですか。そういうものの映画的記憶はちょっとあるような気はしました。
僕はヴェンダースは最初、ドイツ文化センターでの特集上映などで出会いました。『パリ、テキサス』が公開される以前で、日本語字幕なしでヴェンダースの作品が上映されていたんですね。それで話は分からないんだけど、映像を見るととにかく凄い監督がドイツにはいると。『まわり道』っていうのが一番、好きでした。で、『パリ、テキサス』を見たら話はなんか、普通だなって(笑)。以降、日本ではメジャーの作家になったんですが、個人的印象は薄れていきました。ゴダールは昔も今も圧倒的な存在として自分にとってはあり続けているんだけれもど、ヴェンダースは印象が薄れてきてしまっていて。字幕なしで見ていた初期作品の印象が強烈すぎました。
0



2005/11/29  22:16

投稿者:kusukusu

そうですね。
考えてみれば、僕も世間一般で評価が高い作品がい
まいちだったり、評判悪いものが個人的にすごく好
きだったりすることがしばしばあるほうですので、
世間の評判を気にすることはないかとは思うんです
けど。
ミニシアター系の個性的な作品が好きなほうだし。
ある監督の作品で何か、自分に合うものがあったら
その監督の他の作品も見てみる、そういう見方でい
いんじゃないかと思います。

最近はネットで作品の一般的な評判がすぐわかっ
ちゃうものだから気にし過ぎかもしれないですね。
ネットがこれほど普及する以前は世間一般の評判な
んて分からなかったわけで、自分で面白いものを見
つけたり、知人、友人の映画ファンの人にすすめら
れたのを見て興味をもったりしていたわけだから。
もしかしたら、その友人の人と自分の好みが2人だ
け、偏向していて、世間的には評判悪い映画なのか
もしれないけど、別にそれでいいわけで。

そういえば僕は学生時代に映画サークルに入ってい
たんですけど、ヴェンダースも最初、そのサークル
の先輩に紹介されて見たんでした。その先輩が僕に
紹介する時に「『都会のアリス』が一番、一般的に
受けそうだと思う」と言って紹介したんですね。そ
れを今、繰り返したんです。
ついでに言うと、実はその先輩はちょっとロリコン
の気があったんですけど、「ロリコンだから『都会
のアリス』がいいというわけではなくて、これはロ
リコンでなくても一般的に受けそうだと思う」と
言って紹介してくれました(笑)。で、僕はロリコ
ンじゃないんですけど、見てなるほどと思いました
ね。

2005/11/29  21:19

投稿者:Ako

『ミリオンダラー・ホテル』が評判悪いなんて知り
ませんでした。最近は、ブログ上で記事を読んで参
考にする事もありますが、以前は映画祭の賞レース
や映画評論家のコメントに耳を傾ける事もなかった
し。
『ミリオンダラー・ホテル』も、いいと思ったのは
私だけかも。だいたい私は学生の頃、国語のの読解
で、真逆の答えばっかり出していた気もするし。
ま、どうでもいっか。
ヴェンダース作品は、とりあえず一般人向けの「都
会のアリス」を観ることにします。参考になりまし
た。

http://coldfever.at.webry.info/

2005/11/29  20:31

投稿者:kusukusu

たびたびコメント、有難うございます。
実は『ミリオンダラー・ホテル』は見損ねていま
す。評判がいまいちだったのでどうかと思っていた
のですが、そうですか、良かったんですね。今度、
見てみようかな。
ヴェンダースは昔から映像はいいけど、話はだらだ
らしていてそんなに面白いものではないという印象
がありますね。
ただその作品世界にうまく嵌ると心地よかったりし
ます。登場人物も人生を迷い漂っているという感じ
の人たちが多い気がするので、それに見ているこち
らがうまくシンクロするといいのかもしれません。
『まわり道』は特に話はなくタイトル通り、人生の
回り道の旅をしているというだけなんだけど、これ
は一番、シンクロできたようです。若き日のナス
ターシャ・キンスキーが出てきます。『都会のアリ
ス』『まわり道』『さすらい』が初期ヴェンダース
のロードムービー3部作と言われています。他にも
『都市と夏』『ゴールキーパーの不安』など、初期
の作品は特に話はないようなものが多いです。『都
会のアリス』が初期のものでは一番、話がまとまっ
ていて一般向けの作品という感じがします。『アメ
リカの友人』も面白いけど、これはかなりマニアッ
クな映画マニア向けの「怪作」という感じがしま
す。

2005/11/29  18:22

投稿者:Ako

こんばんは。
私も「ランド・オブ・プレンティ」には少し物足り
なさを感じました。
ヴェンダース作品はあまり知らないんですが、私は
「ミリオンダラー・ホテル」がすごく好きです。あ
の濁った深い青色のトーンと、強いキャラクターの
コントラストに引き込まれました。
今度、初期の作品も観てみようと思います。

http://coldfever.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ