2006/1/26

ついにハマス第1党か  イスラエルとパレスチナ、中東

(ニュース)
ハマスが単独過半数へ=クレイ内閣総辞職−和平後退は必至・パレスチナ評議会選
 【エルサレム26日時事】25日投票のパレスチナ評議会(議会、定数132)選挙で、初参加のイスラム原理主義組織ハマスは26日、単独過半数となる70議席以上を制したと述べ、勝利宣言を行った。アッバス自治政府議長の支持母体、パレスチナ解放機構(PLO)主流派ファタハも事実上敗北を認め、クレイ首相の内閣は総辞職。パレスチナ中央選挙管理委員会は集計を続けているが、確認されれば、ハマスが自治政府を掌握することになり、中東和平の行方に甚大な影響を与えそうだ。
 ハマスのズホリ報道官は「少なくとも70議席を確保した」と述べ、組織内で政権入りについて検討した上で、アッバス議長らと連立問題について協議する考えを示した。
 中央選管は26日午後7時(日本時間27日午前2時)に中間集計結果を発表する見込み。
 ハマスの大躍進を受け、議長の去就が焦点となる。ハマスの過半数確保が確定し、政権を掌握する場合には、ハマスを敵視するイスラエルとの和平交渉再開は当面絶望的となる。一方、ハマスは現実的な面もあり、対外的な緊張を回避するため、ファイヤド元財務相ら無所属系に組閣権限を委譲するとの見方も出ている。 
(時事通信) - 1月26日21時1分更新

ハマス、第1党の可能性 パレスチナ議会選
 【ガザ市26日共同】10年ぶりに実施された25日のパレスチナ評議会(定数132)選挙で、選挙管理委員会当局者は26日、AP通信に、初参加のイスラム原理主義組織ハマスが、全議席の半数を占める選挙区でほとんどの議席を獲得したと述べた。ハマスがパレスチナ自治政府のアッバス議長の与党ファタハを抑えて勝利、第1党に躍進する可能性が強まった。選管は公式結果を発表していない。
 ハマスは対イスラエル武装闘争の継続を掲げており、イスラエルや米国は「テロ組織」に指定。ハマスが第1党になればハマス主導の内閣が誕生、自治政府の主導権を握ることになる。ハマス幹部は26日、イスラエルとは交渉しないとあらためて表明、パレスチナ和平の大幅な後退は避けられない情勢だ。
 同通信によると、自治政府の首相府当局者は、クレイ首相を含む全閣僚が辞表を提出したと述べた。昨年1月に選挙で選ばれたアッバス議長は職にとどまる。
(共同通信) - 1月26日19時5分更新
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ