2006/2/3

『運命のつくりかた』  映画

昨日に続き、アテネフランセ文化センターで『フランス現代映画への視線−「横浜シネマテーク」所蔵作品から』という特集上映で、今日は『運命のつくりかた』(2002年、121分、監督/アルノー&ジャン=マリー・ラリユー、出演/マチュー・アマルリック、エレーヌ・フィリエール、ピエール・ペレ)を鑑賞。
冒頭からどんどんあっけにとられる方向に物語が逸脱していき展開するほとんどトンデモ恋愛映画の怪作だった。
ラリユー兄弟監督の作品は先日、日仏学院で見た『描くべきか愛を交わすべきか』もエリック・ロメールのようなタッチでスワッピング(夫婦交換)を描いたというトンデモ映画だったが、この『運命のつくりかた』はそれ以上の暴走ぶりだった。
もちろん、これはありきたりなパターン通りの恋愛ものにうんざりしたシネフィル(映画狂)の作り手が、どんどん物語があらぬ方向に逸脱して展開していったらどうなるかと確信犯的につくっているものなのだろう。そうした感覚は分かるけれども、注目するべきなのはシネフィル的な、ある種の自家撞着を起こしているような作品だとは思うんだけれども、かといって、いかにも過去の映画へオマージュを捧げたようなシーンにポイントが置かれているわけではないように思えるところではないだろうか。いかにもシネフィルっぽいミュージカルシーンも出てくるのだけれども、それよりも山のクライミングとか、オス鳥とメス鳥の愛の交歓(まるで自然科学映画みたいな)とか、そういうシーンが魅力的なのだ。つまり、シネフィルっぽい過去の映画へのオマージュのシーンよりも自然そのものをとらえたシーンに逸脱した瞬間が面白みになるようにつくっているのではないだろうか。ここに、この物語をどんどん逸脱させる映画のユニークさがあるのだろう。
ラストの雪が舞うクレジットタイトルのシーンも、ダグラス・サーク監督の『悲しみは空の彼方に』の冒頭のクレジットタイトルのシーンを思い起こさせるものなのだけれども、いかにも人工的な作り物の雪という感じでどことなくいかがわしさを感じさせるのだ。
それにしても、マチュー・アマルリックはこのトンデモ恋愛映画がなんとも適役で魅力的に思える。煮え切らないダメ男をやらせると輝く役者なのだろうか。
0



2007/1/9  14:50

投稿者:kusukusu

>中盤はそんなにトンデモな印象はなかったですー。

あ、そうですか(笑)。
トンデモ、トンデモって僕は少し、はしゃぎ過ぎなのかも。そちらのブログのコメントにギドク監督は韓国の女に飽きたから他国の女に手を出そうとしているのかとか、また馬鹿なことを書いてしまい、すみません(笑)。

>ルルーシュ作品などが好きなので

あ、ルルーシュとかを連想しましたか? 僕はカイエ・デュ・シネマ(ヌーヴェルヴァ−グ)系映画と思って見ていたので、ルルーシュはカイエ・デュ・シネマの対極にあるような人なのでそれは思いもよらなかったな・・。

大雑把に言うと、ルルーシュは手持ちカメラで撮影し、編集によって斬新だったのだと思います。
それに対し、ヌーヴェルヴァ−グの映画も手持ちカメラで撮影したりしているし手法で重なるところはあるのですが、ヌーヴェルヴァ−グの映画は編集よりも撮影という行為そのものをもっと大切にしているというのか、あるがままの現実の持つ多面性みたいなものをとらえ出そうとしているように思います。
ルルーシュ的斬新さは、現実をつかまえ出すことよりも、テクニック的なうまさに回収されていって、映画よりもCMやミュージックビデオに影響を与えていったようにも思います。
僕がこの『運命のつくりかた』で、自然をとらえた映像が魅力的な点に注目したのは、ストーリーの外にあるあるがままの現実をつかまえようとしているもののように思えて、ヌーヴェルヴァ−グ的な大系を引き継いでいるように思えたからです。
一方、ルルーシュは映画よりもCMやミュージックビデオに影響を与えていったと書いたけれども、たとえば岩井俊二などはルルーシュ的なセンスを引き継いだ人だと思うし、CMやミュージックビデオ的な感覚を逆に映画に取り入れて独自の映画を編み出してきているように思えます。岩井俊二の映画のようなものは映画ではないと僕が思っていて否定しているのかというとそんなことも全然、なくて、たとえば『虹の女神』は青春映画としてほかの映画にはない切実な何かがあるものだと思うし、ルルーシュ、岩井俊二的な方向性にも独自の可能性があるとは思います。

2007/1/9  12:43

投稿者:かえる

こんにちは。
冒頭のシークエンスにはさすがにビックリしましたが、中盤はそんなにトンデモな印象はなかったですー。恋愛映画は演出勝負だと思っているので、なかなか好みでした。(ルルーシュ作品などが好きなので )鳥のの愛の交歓シーンはとても感動的でしたし。マチュー・アマルリックはやっぱり魅力的でした。観られてよかったです。

http://latchodrom.exblog.jp/

2006/2/3  22:35

投稿者:kusukusu

今晩は。
Akoさんが行かれた日は雨だったので寒かったので
は?
昨日、今日はそれほど寒くなかったです。

>明日も行っちゃうんですか?

いえ、今週はちょっと映画を見過ぎで、ほかにやる
ことを投げだしていっているので明日は少し、ほか
の方に集中しないとまずいかなと・・。
何か、映画を1本、見ると、ついついほかの映画も
見たくなって見に行ってしまうんですよね。でも見
たい映画は本当に切りがないほど、あるので、どこ
かで見るのを切ってほかのことをやるのに切り替え
ないといけなくて・・。

僕が見た『ラクダと針の穴』『運命のつくりかた』
は、 アルノー・デプレシャン監督、ノエミ・ルヴォ
ウスキー監督(ルヴォウスキーは『ラクダと針の
穴』の脚本家のひとりでもあるようですが)の作品
などとともに『カイエ・デュ・シネマ』誌でも新し
いフランス映画として注目されているもののようで
すね。『カイエ・デュ・シネマ』誌というのはもち
ろんゴダール、トリュフォーら、ヌーヴェルヴァー
グを生んだ雑誌で、つまりこれらの映画はヌーヴェ
ルヴァーグ系列という感じでしょうか。

>一筋縄ではいかないところが、フランス映画のシ
ビレるところですね。どこまでついてこれるかを試
されてるみたい

たしかに相当、ある意味でマニアックなことをやっ
ていますが・・。
すでにやられていることではなく何か、新しいこ
と、今まで誰もやっていないことをやろうとすると
そうなってきてしまうのでしょう。
普通の恋愛映画はもう観客は見飽きているというの
か、特にフランス映画は恋愛ものばっかりだし。そ
れでも今までと違うものをつくろうとすると、働か
なくて本当に無為に生きている人の話とか、ロメー
ルの映画のような淡々としたタッチで夫婦交換の話
(笑)とか・・。

男優ではマチュー・アマルリックがデプレシャンや
ラリユー兄弟などの映画の、ダメ男の路線(笑)に
なぜか、あうようですね。ロマン・デュリスととも
にフランス若手男優では注目の人かもしれません。

2006/2/3  21:53

投稿者:Ako

連日通っちゃいましたね。うらやまし〜!
『ラクダと針の穴』しかり『運命のつくりかた』し
かり、私が観た『天国で殺しましょう』しかり、一
筋縄ではいかないところが、フランス映画のシビレ
るところですね。どこまでついてこれるかを試され
てるみたいで、私のM心をくすぐります。
ところで、アテネ〜の会場、えらい寒くなかったで
すか?入り口は雨漏りしてたし。そういうところ、
外国っぽくて私は大好きです。
もしかして、明日も行っちゃうんですか?

http://coldfever.at.webry.info/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ