2006/6/29

イスラエル・パレスチナ情勢、泥沼化か  イスラエルとパレスチナ、中東

*イスラエル、パレスチナ情勢、泥沼化の様相。

(ニュース)
パレスチナ:ハマス・ファタハ合意 パレスチナ内部の結束、優先 互いに不安抱え妥協
 【エルサレム樋口直樹】パレスチナのイスラム原理主義組織ハマスが、穏健派アッバス議長の支持母体であるファタハとの間で27日に合意した政策文書は、イスラエルとの共存を柱とする一方、同国の承認を明記しないとの条件を付けた玉虫色の合意だ。イスラエルの軍事的圧力を受け、アッバス議長との対決を避けたいハマスと、住民投票の実施に不安を抱えるファタハとの妥協の産物と言える。
 アッバス議長が提唱する政策文書の原案は、イスラエル占領下のヨルダン川西岸とガザ地区のみを領土とする「ミニ・パレスチナ国家」構想の受け入れなど全18項目で構成される。議長はハマスに文書の受け入れか住民投票による決着かの2者択一を迫り、ハマスとファタハの代表が協議を重ねていた。
 両者の合意内容の詳細は不明だが、「すべての障害は取り除かれ全項目で合意に達した」とのファタハの声明に対し、ハマス側は「合意文書にはイスラエルの承認を認めない明確な条項が含まれている」と強調。イスラエルの承認を意味するものではないとの立場を確認した。
 ハマスが政策文書の修正・受け入れに動いた背景には、国際社会からの孤立化やイスラエルとの戦闘激化がある。イスラエル兵拉致事件を契機に同国との軍事的対立が深まるなか、パレスチナ内部の結束を優先したと考えられる。
 一方、ファタハ側には住民投票への不安感がつきまとった。最近のイスラエルとの戦闘で14人もの民間人が犠牲になり、民衆の反イスラエル感情の高まりがハマスの追い風になっていた。世論調査によると政策文書への支持率は約7割を超えるが、実際に住民投票が行われた場合、賛成票を投じると答えた人は過半数に満たなかった。今回の合意で、アッバス議長は近く、住民投票を実施するかどうかを検討する。
 対イスラエル政策をめぐってはハマス内部でも穏健派と強硬派による路線の違いが浮かび上がっている。「共存」政策の受け入れと停戦破棄やイスラエル兵の拉致という相反する事態は、和戦両派に揺れるハマスの現状を映し出したものだ。
 ハマス軍事部門カッサム隊がイスラエル兵の情報と引き換えに、イスラエルで収監されている女性や子供の囚人釈放を求めた時、政治部門が支配する自治政府のハマド報道官は「拉致に関する情報はない」と強調。アラビア語のほかヘブライ語と英語で「兵士の安全を守り、釈放する」よう異例の声明を発表した。
 ハマスは、今年1月の評議会(国会)選挙で大勝し現実路線への転換を迫られてきた。ハニヤ自治政府首相は、アッバス議長との連携を保つことで事態の軟着陸を目指しているが、イスラエルとの戦闘が激化する中、首相が強硬派の説得に失敗すれば、自治政府の崩壊につながる恐れもある。

パレスチナ:ハマス・ファタハ合意 合意文書の要旨
 ロイター通信が伝えた、ハマスとファタハの合意文書の要旨は次の通り。
 一、(イスラエルによる)占領の正当性は容認しない。
 一、エルサレムを首都とする、1967年に占領されたすべての土地で構成される国家創設を要求する。
 一、パレスチナ人民の唯一の合法的な代表として、PLO(パレスチナ解放機構)の地位を強化する。
 一、(パレスチナ人民には)67年に占領された土地で、さまざまな手段による集中的な抵抗の権利がある。
 一、パレスチナ人にとり公正で、パレスチナ人の権利を保護する国際的決議に基づいた包括的な政治プラン(の策定)を要求する。
 一、パレスチナ人民やアラブ諸国、世界各国の支援を得られる、統一されたパレスチナ政府(の創設)を追求する。
 一、(イスラエルとの)交渉はPLOとパレスチナ自治政府議長の権限。
 一、(イスラエルの)占領に対し、パレスチナ人民のより高次の利益を考慮に入れた、最適な抵抗手段を模索。【共同】
(毎日新聞 2006年6月29日 東京朝刊)


ガザ全域に戦線拡大=ハマス閣僚ら拘束−イスラエル軍
 【エルサレム29日時事】パレスチナ自治区ガザ地区南部の空港などを制圧したイスラエル軍は29日、戦車や装甲車両によるガザ地区北部への侵攻を開始した。一方で、イスラム原理主義組織ハマスの影響力が強いガザ市内のイスラム大学などに対する空爆作戦も展開、戦線は一気にガザ全域に拡大した。
 また、パレスチナ治安筋によると、イスラエル軍はこれまでの軍事作戦で、自治政府の閣僚らハマスの幹部多数を拘束した。25日にハマスの軍事部門などに拉致されたイスラエル兵の救出に向け、攻勢を一気に強めた形だ。 
(時事通信 6月29日11時1分更新)

ハマス幹部ら30人拘束か=パレスチナ政権に打撃−イスラエル軍
 【エルサレム29日時事】イスラエル軍は29日未明、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸と東エルサレムで、自治政府を率いるイスラム原理主義組織ハマスの幹部ら30人以上を拘束する作戦を展開した。地元メディアが伝えた。拘束された幹部の中には、閣僚やパレスチナ評議会(議会)議員も含まれるという。既に財政危機や内部対立で機能不全に陥っていたハマス政権にとっては、さらなる打撃となる。 
(時事通信、6月29日13時1分更新)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ