2006/8/11

イスラエル苦戦か?  イスラエルとパレスチナ、中東

下記のブログによるとイスラエルが苦戦している状況のようである。

(以下、引用)
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2006/08/post_d402.html

2006-08-11
〔NEWS〕 イスラエル前国防副大臣 「イランとの戦争は不可避」
 米誌「ニューズ・マックス」(電子版、8月9日付け)がテルアビブ発で伝えたところによると、イスラエルのエフライム・スネー前国防副大臣は同誌のインタビューに対し、「この(戦争の)ラウンドが終わったあと、次のラウンドが来ることは疑い得ない。それはイランとの戦争が終わっていないからだ。第2、第3ラウンドのシナリオがどうなるかわからないが、それが来ることだけは確かだ」と述べた。
 スネー氏はバラク内閣の国防省を、最高位の軍人として率いた人物。過去13年間にわたり、イスラエルの国会議員らとともにワシントンを繰り返し訪問し、「イランの脅威」を強調して来たという。
 同氏はインタビューのなかでイランを「イスラエルの国家的存続を危うくする唯一の敵である」と言明した。

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2006/08/post_f6c7.html

2006-08-11
〔NEWS〕 アモス・オズ氏らイスラエルの作家 レバノン戦争の拡大に反対し停戦l交渉を呼びかけ
 イスラエルを代表する3人の作家、アモス・オズ、A・B・ユェホシュア、デイビッド・グロスマンの3氏が8月9日、テルアブビ市内で記者会見し、イスラエル軍のレバノン侵攻拡大に抗議する意志を表明するとともに、レバノンのシニオラ首相が提示した停戦案を受諾し、即時停戦をするよう政府に求めた。
 オズ氏らは6日の日曜日にも、停戦と交渉を求める意見広告を新聞に掲載している。
 イスラエル紙「ハーレツ」によると、記者会見でオズ氏は、イスラム過激派があらわにしている憎悪のサイクルは、イスラエル・パレスチナ紛争でみられるものと異なっている、との考えを示した。
 オズ氏はさらに、ヒズボラはイスラエル社会の破壊を狙っているとして、「イスラエルが軍事的挑発に対応していることは正しい」と発言。しかし、「時間が経つにつれ、ヒズボラをすべて殲滅するといった、とんでもない、非合理な目標が飛び出してきた」として、シニオラ首相の7項目停戦案には「ブラックホール」はあるものの、それを交渉のベースとして受け入れるべきだ、と述べた。

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2006/08/post_7a67.html 

2006-08-11
〔NEWS〕 驚きたじろぐイスラエル軍 ヒズボラ、地下40メートルに空調バンカー(壕) 新式の対戦車ミサイルも装備
 英紙ガーディアン(電子版、8月11日付け)が報じたところによると、レバノン南部に侵攻したイスラエル軍がヒズボラの装備、陣容に驚き、たじろいでいる。
 イスラエル軍当局者の証言として同紙が伝えたところによると、同軍が発見したヒズボラのバンカー(地下壕)は地下40メートルに張り巡らされており、空調装置が設置されていた。備蓄されていた対戦車ミサイルも、コルネット(ロシア製)、TOW(米国製)、それにフランス製といった新式のもだが、中にはイスラエル軍当局が「知らない」ものも含まれていたという。
 この超深度・地下バンカーによって、ヒズボラは戦力を温存、イスラエル軍部隊をやり過ごしたあと、背後から急襲する作戦をとり、戦果をあげている。
 ヒズボラの対戦車ミサイルは、イスラエル軍が世界最強と誇る「メルカバ戦車」の装甲を貫通する能力を持っているという。 

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2006/08/post_abf1.html

2006-08-11
〔NEWS〕 イスラエル戦車部隊 撃退さる 「メトゥラ丘陵」制圧ならず
 英紙ガーディアン(電子版、8月10日付け)によると、イスラエル軍はビント・ジベイルなどを含む戦略的な要衝である「メトゥラ丘陵」の攻撃に失敗し、10日朝、数十両の戦車が国境のマルジャヨーン村に撤収した。
 撤退の間もヒゾボラによる反撃は続き、村から400メートル以内の至近でイスラエル戦車1両が対戦車ミサイルを被弾し、炎に包まれた。戦車の隊員は脱出し、友軍に救われた。
 同村の住民は同紙の電話取材に対し、「村から500メートルのところで戦車2両が炎上した」と目撃談を語っている。
 イスラエル軍は同丘陵の東麓に取り付き、攻撃を続けていた。
 9日夜から10日未明にかけ、激しい戦闘が続き、夜空を焦がした。
 一方、11日付けの同紙報道によると、イスラエル側から今月5日、レバノン南部に入った同紙記者は「イスラエルの戦果は見当たらず、失敗の証拠を見るのみ」とレポートしている。

 (大沼・注)
 イスラエル軍の敗色は濃厚だ。
 米国が「停戦」に乗り出すのは。負け戦がはっきりしだしたから。

 焼け焦げた戦車、走行不能に陥り放置された戦車。
 それが何よりの証拠である。

(引用、終わり)

どうもイスラエル苦戦とのことだけど・・。(もっとも苦戦と言いながら多くの民間人を被害者として巻き込んでいるのだからいっそう虚しいことをしていると思うわけだけれども・・。)
それにしても上のブログのニュースで

>備蓄されていた対戦車ミサイルも、コルネット(ロシア製)、TOW(米国製)、それにフランス製といった新式のもだが

とあるが、ロシア製、フランス製だけでなく米国製のミサイルもあるのか? つまり、アメリカの軍需産業はヒズボラにも兵器を売ってもうけているってこと? もうけりゃどこでもいいのか?

それから、アモス・オズ氏にして、「イスラエルが軍事的挑発に対応していることは正しい」とある程度は今回の軍事攻撃を認めているのだろうか? 上の記事によるとイスラエル・パレスチナ紛争とヒズボラとの紛争には違いがあるという認識のようなのだが、どう違うんだろうか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ