2006/10/23

『たったひとつの恋』  テレビ・ラジオ

北川悦吏子の日本テレビ初進出の連続ドラマ。
第1話は見損ねたけど、第2話は見ることが出来た。
「女の子の秘密の素顔」を覗かせてくれる北川ドラマにはいつも僕はやられっぱなしなのだけど、新ドラマは亀梨和也と綾瀬はるかで『オレンジデイズ』以来の若造りも進みつつあるようで・・。

亀梨が若くして町工場を継いでいて、年代の割には背伸びをしているキャラクター。この男の子の「素顔」をいかに描いてくれるかに注目。つまり、「ブッカブカの靴」を履いているのは、今回、女の子でなく、男の子の亀梨の方なのかも・・。

「ブッカブカの靴」というのはもちろん『ロングバケーション』の桃子(稲森いずみ)が南(山口智子)に言った台詞。

桃子「ねえ、せんぱーい。私たち、流行のおしゃれな服着て、胸なんかも寄せて上げちゃったりして、仕事して、自立して、いわゆる大人の女ってやつ、やってるじゃないですか」
南「(ふふっと笑って)やってるやってる」
桃子「でも、中身は女の子のまーんま、なんですよねー」
南「…」
桃子「ときどき、ブッカブカの靴履いてるような気がするよー…」

でも、亀梨と綾瀬の新ドラマ『たったひとつの恋』、障害、病気ネタを漂わしているようなのは、ちょっと気になる。またそこに行くのかという感じがして・・(笑)。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ