2019/1/10

2019年もよろしくお願いいたします  日常

 2019年が始まりました。
皆様、お元気でお過ごしのことと思います。

 年明け早々の一月五日、父親が亡くなりました。
本当に突然のことでした。
おそらく前兆はあったと思います。
しかし私たち家族も、「いつものこと」として受け止めてしまいました。
亡くなる日の深夜に時折黒い水を吐きながら「救急車を呼んでくれ」と言われたのが父の声を聞いた最後でした。
約六時間後、父は帰らぬ人となりました。
大酒飲みでチェーンスモーカー、おまけに病院嫌いでもありました。
『心臓も肺も年齢の割にボロボロです』
お医者様はそう、原因を評しました。
通夜や葬儀を済ませるとちょうど姪たちの冬休みが終わる頃で、孫思いだった父らしいなとも思います。
死因はCOPD、慢性閉塞性肺疾患でした。

 喪中に際し、いったんは来月の第一回文学フリマ広島と第八回Text-Revolutionsの欠席も考えました。
ただ、父が生前に言っていた「やりたいことは何でもやれ」の言葉をもって、出席します。

 創作や日常のペースが従来通りに戻せるか心配ではあります。
一週間ほど遅れましたが、ゆっくりと日常に帰って行こうと思います。
本年もよろしくお願いいたします。
3
タグ: 父親 急逝



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ