わがままプラモ日記パート2

相変わらずのどんぶり勘定で
自己満足の世界を楽しむ日々です。

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハヤテ
XJun様

仰るとおり、倒立のVであります。
いろいろな形式があって面白いですよね♪
投稿者:ハヤテ
SAUN様

私の作業机の上は今メチャクチャです(汗)
飛燕に長門、甲標的にハマーと・・・・
どうしましょ?

十和田湖のはまるっきり知りません。
物は何でしょうか?
投稿者:XJunで〜す
>DBエンジン...
排気管の位置からみると、倒立V型エンジンなんですね。
今でもBMWとかのドイツ車ではエンジンオイルは硬いのを使うので、エ
ンジンのオイル上がりとかは問題なかったんでしょうかね?

http://sky.ap.teacup.com/xjun/
投稿者:SAIUN
毎日暑くて・・・作業机にはほこりが溜まってます(笑)

河口湖の博物館はこの夏に前だけ素通りしましたが・・ゆっくりいきたいものであります!十和田湖の飛行機は引き上げ後、どこかで貴重な資料になるんでしょうね〜
投稿者:ハヤテ
⊥TT様

バイクならあっという間でしょうね♪
道中安全運転でお願いします。

来年どこまで復元されるかちくと楽しみです(笑)
投稿者:⊥TT
例の河口湖の一式陸攻、今月いっぱいなので、土曜日バイクで見てきます、バイク仲間はこの手に興味を示しませんので一人で勇躍カットンできます(笑)
投稿者:ハヤテ
まつよっし様

このエンジンはアイリスのレジンであります♪
田舎町でもたまにはお目にかかることもありまして、
見たら即買いします(笑)

飛燕も初期生産のハ40は程度が良かったと聞いてます。
投稿者:ハヤテ
シロイルカ様

流石に知識ありますね〜(羨)
栄31は53型丙と63型のものだと思ってました(無知)

水メタはあまりにも不調だったという記述は
何かで読んだような記憶があります。
投稿者:ハヤテ
あきみず様

同盟国だからなんでしょうかね〜(笑)
ホ5などはブローニングを勝手にコピーですものね。

パネルはやっぱり開けた方がいいですか?
投稿者:まつよっし
それにしてもよく当時の日本の技術力でダイムラーベンツのコピーができましたね。まあ元々液冷エンジンも少数ながら使われていたからでしょうか・・・・

ところでこのエンジンはどこから持って来られたのでしょうか?確か飛燕のキットにはエンジンは付いていなかったような・・・・メッサーかな?
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ