わがままプラモ日記パート2

相変わらずのどんぶり勘定で
自己満足の世界を楽しむ日々です。

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハヤテ
まつよっし様

あの黒ピカ塗装もなかなかのものでしたよね♪
車は角が結構あり、塗料の乗りが薄くなってしまうのを避ける為と、
色の深みを出す為に1000番か1200番で荒します。

付け加えますとサフはホワイトの1000番
がカーモデルには
丁度いいみたいです。
投稿者:まつよっし
フォッケのTa152やRX-7の時に黒のピカピカ塗装法を教えていただいたのですが、なるほど本当はこのようにやるのですね!いやよ〜くわかりました。最初に全面を傷だらけにするのがミソ?

車やバイクとミリタリー系の塗装は相反するものだと思っておりましたが、共通で使える技が結構あったりしてびっくりです(笑)
投稿者:ハヤテ
マジリ様

すみませ〜ん、早めに終わらせて零戦の続きやりま〜す(汗)

その後お預かりしたカウンタックを頑張ります♪
投稿者:majirisan1954
うへ〜、またしてもカーモデルですかぁ。
得意分野を連続してやられたら、ツッコミが入れられないじゃないか〜。

あ、コブラの完成、遅ればせながらおめでとうございます。
投稿者:ハヤテ
シロイルカ様

う〜ん、最近カーモデラーになったのではないかと思えますね〜(笑)

表面の下地がカーモデルの命だと思います。
荒らす事によって化粧の乗りが良くなり、
塗装に深みが出るんです♪
ここが飛行機と違うところですね(笑)
投稿者:シロイルカ
なるほど表面を荒らしてから下地作りですか
(メモメモ)

パール塗装をされるのは正真正銘のカーモデラーなのでしょうね。
戦車にツィンメリットコーティングみたいな…ちょっと違うか〜(笑)

投稿者:ハヤテ
しみやん様

多分埃との戦いはずーっと続くと思います(汗)

アオシマのキットなんですが、部品点数も少なく、
エンジンも無し。な〜んにもプレッシャーがかかりませんので、
気楽なもんです(笑)
投稿者:シミヤン
製作も手慣れたものですね〜。
ほんとにチャチャッと作っていらっしゃる(笑)

私は何層も吹くとどこかにあるいはすべてにおいて埃屑を埋め込む癖があります(爆)
投稿者:ハヤテ
<ぬ>様

確かに実車の塗料を使うのは厳しいですね(汗)
以前フェラーリレッドを使ってグズグズにしてしまった
苦い経験があります(笑)

仰せのパウダーの粉なんですが、買ってきた
Mrカラーのクリアーのビンに
耳掻き一杯分ずつ入れた物を各色(赤、青、緑、白)作ってあり、
それを使っています。

因みに、白い車にブルーパールという組み合わせが
一番好きであります♪
投稿者:ぬらりひょん
このブラックのメタリックって昔は非常に難しかったんですよね〜。
メタリックブラックって缶スプレーしかなくて、しかもそのスプレーのメタリック粒子が粗くて使えない…。
地元のモデラーなど、ディラーに勤めていたので実車の塗料を時間をかけて塗っていたのを思い出しました。
(実車の塗装は皮膜が厚く、プラ素材を侵すのでシンナーで薄めて何度も塗らないといけないみたいです。)

このパウダーはオイラも全色持っていますが、ついつい混ぜすぎませんか?
効果が出るのに時間がかかるので、乾燥後に色が違ったりとかなり泣かされました。(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ