わがままプラモ日記パート2

相変わらずのどんぶり勘定で
自己満足の世界を楽しむ日々です。

 

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハヤテ
XJun様

フラックスやペースト、私のは昔昔のグリスであります(笑)
要するに熱伝導という事ですね♪

私のハンダ作業は原始的ですので、
温度調節にはティッシュと水であります(笑)
投稿者:XJunで〜す
ちょっと捕捉…

フラックスやペーストを流した所にだけ、半田が流れるんですよね。

とは言うものの、四脚を組めるのは凄いです。
温度調節用にトランスか何か使っておられます?
投稿者:ハヤテ
マック様

溶着するハンダの量が丁度よくなればいいのですが、
上手くいかず、ヤスリで調整しています(苦笑)

最近気付いたのは、ハンダ用グリスを沢山使うと
結構付けやすい(笑)
投稿者:ハヤテ
シロイルカ様

苦労の多かったわりに電探が活躍したという戦記は
無いような気がします(汗)

摩耶も4本マストですが高雄は3本、同型艦でも
それぞれ違いがあるのは面白いですね♪
投稿者:ハヤテ
hagu様

外国には凄まじい強度の瞬着もあるようですが、
流石に我が国では許可にならないそうです。
頭の固い・・・(自制します)

ハンダは絶対慣れだと思います♪
投稿者:ハヤテ
あきみず様

治具は使わず、工作用板にマスキングテープで
固定してやっているんですが、これが結構イケるんであります(笑)
投稿者:マック
真鍮線の半田溶接の強度、つくづく分かります さらっと書いてあるけれど この小さなマストの部分溶接を出来るって羨ましい腕前、これでまた精密感が増しますね。

http://blogs.yahoo.co.jp/osumi1121
投稿者:シロイルカ
電探室はどこも狭くて、夏は暑く冬は寒い、のようですね。そういえば鳥海は最後まで四本マストだったんですね。
投稿者:hagu
マストは半田で強度もますと・・(自粛)
しかし綺麗にのっております♪

私はここを瞬着で楽をしている分、
破損しては泣いておりますw
投稿者:あきみず
写真を参考にここまで、形が出来るのは
凄いです マストの下と上の位置決めには
治具が無いと決められないのではないですか。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ