わがままプラモ日記パート2

相変わらずのどんぶり勘定で
自己満足の世界を楽しむ日々です。

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハヤテ
ラッキーユダヤ様

なるほど、フラットアルミですか。
大戦後半の機体ですから、無塗装でしょうね。

でも、パープルも面白いかもしれませんね、
私そういうの大好きであります(笑)
投稿者:ラッキーユダヤ
>>パープル…

老眼でよく見えずX-16パープルと間違えました(汗)、

タミの組説ではコクピ後方機体内部はXF−16フラットアルミが指示してあります。

失礼しました、私の頭がパープーでした(恥爆)


メタリックグリーン、使ってみましょうか…もしくは既存の青竹色にグリーンを混ぜて「竿竹色」で…(呆爆)


投稿者:ハヤテ
シミヤン様

ごちゃごちゃさせて誤魔化すのが私であります(笑)

私の少ない資料によりますと、青竹には一号と二号が有り、
青味がかった物と緑がかった物が有ったようです。

脚庫内や脚カバー内側にも指示はあったようですが、
実際には機体下面色の機体が多かったとなっています。

しかし、どう見てもこの青竹は好きになれませんです(苦笑)
投稿者:ハヤテ
ラッキーユダヤ様

突然、三菱製を作ってみたくなりましたので
致し方無く青竹を使いました(苦笑)

因みに三菱では22型まで、中島は21型の途中まで
青竹を使っていたそうです。

青竹はサボン・エナメル系の透明塗料で、塗り重ねる
回数で色の濃さに違いがあったようで、パープルも
見ようによっては有るのかもしれませんね(笑)
投稿者:シミヤン
このごちゃごちゃ感がたまりませんね〜。

因みに青竹色なんですが
クレオスの青竹色もたま〜に使いますが
いつもはクレオスNo.77メタリックグリーンを使っています。

と言ってもあんまり変わらないんですが
復元機は青竹色、
手つかず保存機や発掘放置機の実写や
イラストなんか見ると
緑がかったメタリック色のように見えるので
メタリックグリーンを使っています。

脚庫と車輪カバー、脚柱カバーも三菱と中島
さらに初期と後期では違うので注意が必要ですね。
永くなっちゃったのでまたおりをみてカキコします。
投稿者:ラッキーユダヤ
あれほど嫌いな青竹色を使っておられますね…

大きな天変地妖が起こらなければいいのですが…

コクピットより後ろの機体内部、タミヤの新キットでは何とパープル=紫(パープーではありません)指示でした。


数年前にハセ天山艦攻の主翼折りたたみジョイント部で青竹色の指示がありましたが…確かスカイブルーにブラックを微量混ぜて塗装した記憶があります。


投稿者:ハヤテ
マック様

マック様には畑違いなんでしょう♪
私が戦車チンプンカンプンなのと似ているかも?

>どこまでキツト・・・
シートと操縦桿はキットの物を使っています。
あとは資料などを見ながらそれらしく見えるように
デッチアゲであります(笑)
投稿者:マック
ダメです こんな事やっちゃあ 素組みの私には目の毒です(笑)
 これって本当に1/48なのでしょうか?どこまでキットで何処からがディティールアップなのかさっぱり分かりません 素晴らしい工作としか言いようがありません。

http://blogs.yahoo.co.jp/osumi1121
投稿者:ハヤテ
マジリ様

資料としてある実機の色とビン生では
随分違うように感じます。
もっとも個体でも違って見えるみたい。

22型は青竹有りらしいので使いましたが、
やっぱり青竹は嫌いですわ(笑)
投稿者:ハヤテ
シロイルカ様

何を仰りますか(笑)
陸攻の迫力ある大きさと、素では治めないであろう
デティールに今年も持っていかれるだろうと
思っています(期待大)
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ