わがままプラモ日記パート2

相変わらずのどんぶり勘定で
自己満足の世界を楽しむ日々です。

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハヤテ
あきみず様

52の丙くらいになるとよほどの熟練搭乗員の機か
運の良い機でないと塗装が剥げるまで生き残れなかったと
思います。
永遠の0に出て来た機体(52型と21型)の機体の剥がれ具合が
素晴らしく思えましたので出来るだけ近付けたいと思っています♪
投稿者:ハヤテ
シミヤン様

模型的に言ったら少々太い位の方がいいんでしょうね。
でも仰られるように組み上げてみたら違和感は
ありませんでした♪
もっとも狭くて中がよく見えないというのが現実なんですが(笑)
投稿者:あきみず
コクピット精緻な仕上がり 座席のハゲ具合まで 細かいです。タバコと比較すると
よく解ります。 フロアーも配管が ちらっと
見えるいいですね。
投稿者:シミヤン
配線の0.1mmもいい感じだと思いますよ(実際もこんなもん?)
でもいつも使っておられる0.28mmが効果的なデフォルメで密度感が増すんでしょうね。

でもコックピットパーツを組み上げてみると
こちらの方がよかったという場合もありますので
まずは全体像(バランス)を見てでしょうか。
投稿者:ハヤテ
XJun様

そう言えば何処其処「穴を埋めて下さい」と
取り説に書いてあったような気がします。

私的にはフル武装でいきたいと思ってます(笑)
投稿者:XJunで〜す
>A6M5c…
いつもながら素晴らしい密度ですね♪

ハセガワの丙は機首左側の機銃孔を塞ぐのがチト面倒いですがタミヤの合わないキャノピーよりは楽チンなんでしょうかね?

http://sky.ap.teacup.com/xjun/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ