わがままプラモ日記パート2

相変わらずのどんぶり勘定で
自己満足の世界を楽しむ日々です。

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハヤテ
XJun様

歴史物の書籍はよく読みますが、
何故戦争に突入したか、何故に特攻か?
新事実が出てきたりしたり、その道の専門家がまた
以前と違う考えを発表したりと最近でもよく惑わせてくれます。

ただ、検閲の厳しい中での隊員の遺書、
言葉を選んだ隠された苦悩が伝わってきます。

投稿者:XJunで〜す
私も江田島で遺書をいくつか目にしましたが胸がつまる思いでした。

我が国、我が民族が敗戦によってもなくなることがなく、今日私達があることこそ英霊の皆さんの最大の功績だと信じております。ただただ感謝であります(黙祷)

※ 月光でけました
投稿者:ハヤテ
シロイルカ様

珍しい塗装という事すら知らずにいました(笑)
独逸機の塗装って沢山あって面白いですね♪

特攻については皆さんいろいろな見方があるんでしょうね。
きっと、行かれた方々もそれぞれの思いがあったのでしょう。
投稿者:シロイルカ
前記事拝見しました♪遅ればせながら完成おめでとうございます。ちょっと見たことの無い珍しい塗装で思わずメッサーが作りたくなりました…

特攻の話ってどうしても現代からの視点且つイデオロギーっぽい見方になってしまいがちですが、飛行時間の足りてないひよっこ達がが自分たちも役に立ちたいと思ったときに出来ることはなんだろう…という視点もあると思うんですよね。

強制だったかどうかって彼らにとってあまり関係ないような気がします。
投稿者:ハヤテ
あきみず様

永遠の0のDVDを父母に見せました。
物も申さず食い入るように観賞していました。

二十歳前後の特攻隊員の遺書を読むのはとても辛いです。
投稿者:ハヤテ
シミヤン様

通説となっている事柄も追求していくと真実とは
かけ離れた物が多くありますね。

特攻に目を背けず向き合ってみるのも必要だと
思うようになっています。

お勧めの本、探してみます。
投稿者:あきみず
NHKスペシャル 狂気の戦場ペリリューを見ました この関係は殆ど録画してあり 孫が
大きくなったら戦争が どんなものか
見せたいと思っています。善通寺の乃木館に
長い特攻隊の遺書がありました。
投稿者:シミヤン
私もたまたま特攻関連の本を立て続けに2冊読みましたが
これはお勧めです
「特攻の真意 大西瀧治郎はなぜ「特攻」を命じたのか (文春文庫)」

特攻もさることながら別の事象についても
これ世間に証言として出せばいいんじゃないの
なんて思うような箇所が結構ありました。
900円で読み応えがあります。ぜひどうですか?
投稿者:ハヤテ
SAIUN様

私もよく零戦で空戦に参加します。

でも毎回撃ち落されるんですよね(汗)
たまに照準機いっぱいにヘルキャットを収めるのですが、
弾が出ない・・・機銃の故障、そして上から13mmの雨。

で、墜ちながら「次は頑張るぞ」と思うんです(笑)
投稿者:SAIUN
昨夜一晩中特攻に行く夢を見てました(汗;
97艦攻だったので、撃たれまくって目が覚めました。。。
明日は終戦記念日でありますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ