わがままプラモ日記パート2

相変わらずのどんぶり勘定で
自己満足の世界を楽しむ日々です。

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハヤテ
シロイルカ様

アニバーサリーとの事ですから今回こそは
真面目に取り組もうかと思ったのですが、
何しろどんぶり勘定な性格ですから、どこまでやれるかは
知れていると・・・(笑)
投稿者:シロイルカ
早くもお題キット決定ですか…摩耶の最終時は対空特化した感じがいいであります。製作記事が今から楽しみであります♪
投稿者:ハヤテ
XJun様

バイクと車、塗装方法は同じですからね♪
でも人それぞれだとも思います。
投稿者:ハヤテ
マジリ様

ホント接着面積の狭さに焦ります。
なので通常のタミヤセメントを点で付けて仮止めし、
位置が良ければ流し込みをやります。これもタミヤ製
こと接着剤に関してはクレオスよりタミヤの方が
いいですね♪ 今のところ補強は無しでいけてます。
投稿者:XJunで〜す
車の塗装を拝見すると単車キット塗装のお手本になります。
感謝(^人^)です♪
投稿者:majirisan1954
貴殿の前記事にもありましたが、パーツの接着面積が少なく見えます。
この辺の問題は、どのようにクリアされるのか非常に興味があります。
投稿者:ハヤテ
あきみず様

私は飛行機、艦船、カーモデルなど殆どの模型にサフェーサーを使います。
大きな傷には500番、オールマイティーに1000番、
より緻密を求める時は1500番であります。
何れもクレオスのグレーなのですが、カーモデルの時だけは
タミヤのホワイトサフを使っています。

あっ、このムルシエラゴは下地に黒を吹きますので
グレーを吹きました。
投稿者:あきみず
サフに1000番とか言う 番数があるのは
知りませんでした どう違いが出るのでしょう
そこから2000番と 飛行機ではあんまり使わないです 次は艦艇ですね ゆっくり時間を
掛けられるのでしょう。
投稿者:ハヤテ
シミヤン様

はい、何時もは1200番の使い古しを使っています。
今回はサフの食い込みを多くしたかったので
番手を下げました。

ランボの後に掟のスカッド、その後麻耶に掛かれば
手鈍い私でも合宿に間に合うのではと思っています♪
投稿者:シミヤン
サフ吹きでピシッと締まった感じになりますね。
いつも1000番でしたっけ?
1200番は使われていませんでしたっけ。

10回記念は艦船いかれますか。
栗田艦隊ですね。
私も小澤艦隊再開しないといけないんですが
艦船はなかなか手を出しづらくなってしまいました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ