わがままプラモ日記パート2

相変わらずのどんぶり勘定で
自己満足の世界を楽しむ日々です。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハヤテ
シミヤン様

そう言えば那智も錨鎖甲板も
リノリウムでしたっけ(笑)
純正エッチングは有だと思います。
私は他社の物と一緒に使っています。
塗装するとスケール感は気になりませんから♪
投稿者:シミヤン
太い等のデティールに目をつぶれば、やはり純正パーツのほうが組みやすいですか。
最近艦船キットに手を出していませんが、キットと”純正エッチングパーツ”だけは揃っています(笑)
そういえば「足柄」重巡祭りの時に作りましたが、基本形は良いキットです。
ただ錨甲板にリノリウムモールドがあったりなんかして
おちゃめなキットでもあります(笑)
投稿者:ハヤテ
ラッキーユダヤ様

舷梯の事ですね。
エッチングを組んだだけですが、
結構いいアイキャッチになりますね♬
投稿者:ラッキーユダヤ
右舷のラッタル?ですか、
お見事であります。
投稿者:ハヤテ
シロイルカ様

素人故の作業手順ですのであまり
参考にはならないと思います。

結果良ければオーライと言う事で(笑)
投稿者:ハヤテ
あきみず様

さすがに同系色になると、取り付け位置が解り辛く
ミスが出てしまいます。

手摺の筆塗りってやはり難儀ですよね^o^;
投稿者:シロイルカ
前も書いたかもしれませんが、この作業手順は目からウロコであります。
理由を聞くとなるほどと思うと同時に自分の得手不得手についても気付かされたり。面白いものですね。
投稿者:あきみず
素材のままの方が、認識しやすいですね
筆塗りで塗装されるのですか 1回では
済まないでしょう。もう完成ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ