schedule, profile  schedule

藤原隆行 Fujiwara Takayuki(Chromatic Harmonica) [mail]
-----------
▼profile
http://blue.ap.teacup.com/fujih/490.html
▼Youtube
http://www.youtube.com/user/takafuji175
▼Contact
http://6011.teacup.com/t_fujiwara/mbox
3

2022/1/4

生誕100年  Toots

明けましておめでとうございます。

今年はトゥーツ・シールマンスの生誕100年の年だ。

https://toots100.be/
1

2021/11/2

続:断酒への道。そしてエレベ弾きへ  diary

#断酒
10日目(あれ?日数が減ってる?)

9月の中頃、結婚記念日的なものもありワインをかみさんと一緒に飲んでみてどうか?と飲んだら、断続的ではありますが一ヶ月ほど飲んでしまい、この際だからお別れをこめていろんな種類行ってみました。怖い怖い。

4か月位じゃ断酒に入らないなどとのご意見も聞きつつ、誕生日(10/23)を境に1年のスパンを目指しての断酒再開です。

あと再開にあたっては、他の皆様の酒をやめると甘いものに行ってしまうという意見を信じてましたが、そうすると腸内環境もよろしくなく、結局糖も依存物質だろう?と自分的には断糖もした方がいいのではと?バージョンアップしています。断糖といっても厳しい糖質カットではないですが、缶コーヒーとかチョコとか極力避ける。自分からは行かない程度で。。。

・127日でSobriety loses its priority(9/11)
・断酒断糖で再開(10/24)

そして、無窮動シリーズにベース編が出ていることを知り、娘のエレキベースを借りて弾き始めました。2週間くらい経ちますが、道下さんの無窮動はとにかく楽しい。今は指の痛みと戦いつつ練習しておりますが、とにかく楽しく続いてしまうのでどこを目指そうか?と、ピアノをいくらやっても現場では弾くことがないのでこの際エレキベースを練習してベーシスト的なものを復活してみてもいいのかなぁと思ってます。

今は、フレットレスやウッドベースは興味がまるっきりなく、そこで苦労して練習しても先が見えるので、フレット付きのエレキべース限定で使い勝手とか、調整とかいろいろ優れてるのでジャズベースがいいかなと思ってます。
0

2021/10/6

5,60年代のトゥーツ・シールマンス  Toots

トゥーツシールマンスのお話。長文になってしまった。

トゥーツ・シールマンスの1950から60年代の音源って版権が切れてるためなのか?ジャケットを変え曲順を変えて再発されてわけわからん。
整理するために英語のWikiでアルバム名をピックアップし曲名はネット検索で拾いあっという間に一覧表が作成できた。
20年前はネットでここまでの情報なかったからね自分でタイプして一生懸命ホームページにしてたのだけど、楽だわ。

リーダーアルバムはこんなかんじで、
1955 The Sound
1958 Man Bites Harmonica
1958 Time Out for Toots
1960 The Soul of Toots Thielemans
1962 The Romantic Sounds of Toots Thielemans
1965 Too Much! Toots!
1966 Contrasts
1968 Toots
並べてみるとバップに忠実な頃からだんだんと変化していき68年の「Toots」で後期のスタイルというかトゥーツ節が完成って感じがするなぁ。69年ごろからクインシージョーンズやらエリスレジーナとの共演になったりする。
てな感じでトゥーツの50、60年代を聴きなおす今日この頃。
あえて順番が違うだけかもしれないCDもアマゾンに発注してみた。

本日の発見はイーストオブザサンをAbでやっていてハーモニカの最低音がCなので変えてのだろうと思っていたが、タンジェリンやニアネスオブユーもAbでやっていて、Abってのクロマチックハーモニカフレーズってあるよなぁって、トゥーツの酒バラはFが16小節で後半Abに転調する。これはアルバムで共演した後にビルエバンスが真似したらしい。

最後に曲名まで貼り付けておく、、

No Title
1955 The Sound
1 On the Alamo
2 Don't Be That Way
3 I'm Putting All My Eggs in One Basket
4 Sophisticated Lady
5 Scotch on the Rocks
6 I Let a Song Go Out of My Heart
7 Stars Fell on Alabama
8 Diga Diga Doo
9 So Rare
10 Skylark
11 Sonny Boy
12 Cocktails for Two

1958 Man Bites Harmonica
1 East of the Sun
2 Don't Blame Me
3 18th Century Ballroom
4 Soul Station
5 Fundamental Frequency
6 Struttin' With Some Barbecue
7 Imagination
8 Isn't It Romantic?

1958 Time Out for Toots
1 The Nearness of You
2 In a Sentimental Mood
3 You Took Advantage of Me
4 Cool & Easy
5 Body & Soul
6 Cuckoo in the Clock
7 Tangerine
8 Early Autumn
9 Them There Eyes
10 Handfull of Stars
11 Can't Help Lovin' Dat Man
12 Clap Yo' Hands

1960 The Soul of Toots Thielemans
1 You Are My Sunshine
2 Nuages
3 Five O'Clock Whistle
4 Soul
5 Lonhesome Road
6 Misty
7 Confirmation
8 Les Enfants S'Ennuient Le Dimanche
9 Brother John

1962 The Romantic Sounds of Toots Thielemans
1 Stairway To The Stars
2 Love Walked In
3 Long Ago (And Far Away)
4 I Loves You Porgy
5 You Stepped Out Of A Dream
6 You're Driving Me Crazy
7 Isn't It Romantic
8 Homesick That's All
9 Penthouse Serenade
10 A Pretty Girl Is Like A Melody
11 This Is Always
12 Stranger In Paradise

1965 Too Much! Toots!
1 Pentecostal Feeling
2 The Green Leaves Of Summer
3 Last Date
4 One Morning In Rome
5 He's A Jolly Good Fellow
6 Homesick For New England
7 The Mountain Whistler
8 The Blues And I
9 I'll Be Around
10 Sultry Serenade (How Could You Do A Thing Like That To Me?)
11 Lonely Room
12 Paul's Pal

1966 Contrasts
1 Big Boy
2 Sweet Georgia Brown
3 Yesterday And Today
4 So Nice (Summer Samba)
5 Sweet And Lovely
6 Spanish Flea
7 Makin' Whoopee
8 Royal Garden Blues
9 Bluesette
10 Blue Lady
11 You Brought A New Kind Of Love To Me
12 Cherokee

1968 Toots
1 O Susanna
2 Please Send Me Someone To Love
3 There Is No Greater Love
4 Preachmanship
5 I Can't Get Started
6 Secret Love
7 Blues Talk
8 By The Time I Get To Phoenix
9 I'm Beginning To See The Light
10 Lover Man (Oh, Where Can You Be?)
11 The Good Life
12 Whispering
0

2021/8/14

100日経過  diary

断酒100日経過いたしました。
まだまだ続けます。

0

2021/6/15

演奏予定7/3  schedule

7月3日にも、こちらで演奏することになりました。
https://www.clochette-de-bois.jp/

この方と一緒です。
https://www.youtube.com/watch?v=_-UtTsm6W08

よろしくお願いします。

40日経過で禁酒は続いております。
0

2021/6/7

演奏予定6/12  schedule

6/12 Sat 18:00〜↓ここでクロマチック・ハーモニカ吹きます。
BGMって感じですね。

https://www.clochette-de-bois.jp/

2年前に禁酒の最長記録が53日で途絶えたのは、演奏現場でお客さんが楽しそうに飲んでるのを見てさ、帰り道でコンビニに寄ってプシュー。
今回はお酒の提供は自粛中だろうが、危険危険、事件は現場で起きる。
#断酒
0

2021/5/11

断酒への道。そしてキーボード弾きへ  diary

私の禁酒・断酒の戦いはかれこれ10年以上続いております!

・2008年8月に病気をきっかけに禁酒を少ししております。
https://blue.ap.teacup.com/fujih/605.html
・2010年2月に逆流性食道炎が発覚し禁酒しなきゃなぁとあります。
https://blue.ap.teacup.com/fujih/746.html
・2010年3月禁酒の本もいろいろ読んでおります。
https://blue.ap.teacup.com/fujih/776.html
・2015年5月禁煙と禁酒についてまとめております。
https://blue.ap.teacup.com/fujih/1085.html
・2019年3月今回の禁酒につながる決意的宣言な?
https://blue.ap.teacup.com/fujih/1198.html
・2019年6月禁酒から断酒へ 
https://blue.ap.teacup.com/fujih/1200.html

で、失敗して何度もトライして、今回ゴールデンウィーク明けの5/6から5日目です。。。

最近は断酒系のユーチューバーさんもだいぶ増えていろいろな考えを勉強させてもらい、数々の失敗を重ねそのパターンを学び、今回に至っております。

ちょっとでも飲むとだめなんだよね。何回もやったけど、やっぱり元に戻るんだよ。そして、再度やめるDay1が一番辛い、、、なので断酒が正解。
あとさ、コロナの状況で飲み会がないので今やらないでいったいいつ出来るか?

やっぱり、飲まなくて逆流性食道炎もなくなると喉の調子も良いし、喉でハーモニカの音色は決まると思ってるし、体も切れて吹き吸いの切り替えもバチバチ決まるのでのでハーモニカの調子のよさが格段に違います。

今回の飲まなくなった心の隙間対策は、ひたすらキーボードを練習しております。
YAMAHAのPSS-A50を購入いたしまして、左手で、ぶんちゃぶんちゃと、枯葉の8小節とブルーゼットを12キーで練習します。左手伴奏、右手クロマチックを目指します。
キーボードって実は頭の中も整理?発展?できて、あとチューニングとかしなくてよくてさ、壊れないし、イヤホンしてれば音漏れないし史上最強の練習ツールではないか?素晴らしい。このタイミングで気が付いてよかった。

では、頑張ります。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/5/11

ファビュラス使用1年ちょい経過  Harmonica

放置しております当ブログです。申し訳ございません。
過去のことを調べるので自分では見ていたりするのですが、、、

ファビュラスを使い始めて1年以上経ちました。

4オクターブにわたるフレーズ練習を日々重ねてだいぶコントロールできるようになりました。
思った通りの良い楽器でその分ちゃんと良い音色で答えてくれます。
すばらしいなぁ。

流石にバルブがヘタって来たのが数か所あります。スライドレバーのねじが湾曲してきました。
が、1年位目立った故障がございません。楽器も強い。

最近、喉で音色、音程も?コントロールする感覚がとても気持ちがよく、吹いていて(吸っていて)楽しい。
あと、フレーズもいろいろ出来るようになってきている気がします。あとはクオリティーと高く理性的なコントロールを出来るようになのかなぁ。まぁ課題は常に出てきます。
そんな演奏動画です。

https://youtube.com/playlist?list=PLpHj7HhLnH7GOHRp4Cd3N9baD77EZmDGF
0

2020/2/25

ファビュラス使用3日  Harmonica

スズキ ファビュラス F-64Cを使い始めて、3日程経過しました。
想定通りの良い楽器です。シリウス、グレゴアと使って多分そうだろうなぁと思っていましたが、その通りでした。

気密性が高くて、大きい音から小さい音まで鳴りやすいってなうたい文句ですが、その通りでして、息を入れた分だけちゃんと反応してくれる。まだ息が入る感じなんで何処までも行けるぞって感覚。

喉をもっと開けるようにしないと行けないかと思っております。ここで表現力の幅も大きくなる気もしてる。

難点は、、、、ハイそうです。。。重い!!!
760グラムです。シリウスは395グラム、あのホーナーのシルバーコンチェルトでさえ500グラム強だそうです。

でもね、これって今までのクロマチック・ハーモニカと比べるから行けないんですよ。パラダイムシフトが必要です。

他の楽器の人が見たら、へ?1キロ弱で何いってんだよこいつ!ってレベルですよね。
発想の転換で練習してますがなんとかなると思ってます。重いほうが安定して音がヒットしやすいかもしれません。

気密性が高い利点として、音の立ち上がりがレスポンスが良いってのを感じていて、これって速いフレーズがより音の分離がはっきりしてクリアになる。気がしております。さらに速く吹けてしまう。

重いという欠点としては、いざシリウスに持ち変えると何も持っていない状態みたいに軽くなりすぎる。動かせすぎてコントロール不能的な。ま、これも慣れでしょうね。

あとスズキさんの楽器作りって観点では、
SCX<シリウス<ファビュラス
と順位付けがあって、これってギターで言うと弦の硬さが硬くなる、サックスだとリードが厚くなる、マウスピースが広くなる的な順列だと思いました。
ファビュラス吹いてから、シリウス吹くと、「あれ?SCXかいな?」って感覚になります。

音色もそういう意味で、まだまだ楽器の性能を出しきれてないですが、良い音の追求ではファビュラスというのが今思うところでございます。
体を鍛えて取り組みます。

そのへん喉の使い方をちょいと改善した昨日撮った動画もYou Tubeに上げております。
2/23と2/24では本人的にはちょいと違うと思っております。
https://youtu.be/ua6kgK2Jxhg

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/2/3

F-64C購入しました  Harmonica

いろいろあるのでまだ禁酒は1週間ですが、禁煙20年、勤続30年記念でファビュラス買ってしまいました。先行投資。。?

試奏とかせずに、えいやでネットで買いました。今までのスズキさんへの信頼性からそんなこともできます。

思ったとおり気密性が高くて上から下までまんべんなく綺麗に鳴ってくれます。
ハーモニカウォーマーを入手してから本格運用します。
普段の練習は小さい音なのでそれがメインな使用方法かな。

取り回しのしやすさなどで現場ではシリウスでもいいかなぁと思ってます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/25

F-64C 購入プロジェクト  Harmonica

最近16穴、4オクターブのクロマチック・ハーモニカに慣れて来てて、喉や息の使い方とか体力の向上を感じている。

5ヶ月前から、4オクターブに渡るクロマチックスケールとコンデミスケールをウォームアップ的にちょこちょこ吹いている。 ド、ド#、レが始めの音で4オクターブ取れる。後の始点でもすべて3オクターブ取れる。こんなんで音域の完全制覇を目指している。3オクターブ楽器の延長的な?考えだとあかん。
今の課題は楽器を手に持ったときの馴染み感の向上、楽器と一体感。 感覚的だけど大切か? 手は大きくはならないがイメージの問題でもあるのでなんとかなるのではないか?

で、少し振り返ると10年程前にHOHNERのCX12に取り組んだときも鳴らすのが大変だったが、その結果、吹くパワーがついた。
更に振り返ると20年前位に使ってた旧仕様のホーナーのメロートーンもそんな感じか、、

ということは「使用楽器」がその人の奏法や体力やらを育てるってのいうあるかな?と次は、鈴木のファビュラスF-64Cかぁ?と思い始めた。いやホーナーのシルバーコンチェルト?あっでも12穴だ。

体力の問題だが、50代で体力が落ちるのとか言うが、それこそ専門家のアスリートとかの100%近く出してる人は100%近く維持するのは大変だろうが、ハーモニカ演奏などはおそらく体のポテンシャルの30%位なので維持どころかまだまだ向上もできると思ってる。

話は変わって、禁酒は2ヶ月程続いて、その後3ヶ月はごにょごにょになってしまったが、その3ヶ月における使用金額のデータ採取において1年間の禁酒でファビュラスが買えてしまうことが判明した。 来年の購入に向けて頑張ります。そんな一昨日54の誕生日を迎えた私でした。

https://www.suzuki-music.co.jp/products/13211

0

2019/9/11

忍SHINOBIX SNB-48CVS  Harmonica

(鈴木楽器製作所:クロマチック・ハーモニカ消音器、忍SHINOBIX SNB-48CVS購入しました!)

昔々キャバレーでサックス吹いてるときに、サックスはたくさん上手な人がいてこりゃだめだとフルートを一生懸命練習したりしてて、それでもだめでまぁこのままプロになれないから趣味で続けられる楽器がないか?と、辿り着いたいのがクロマチック・ハーモニカでございました。日本の家庭事情で音量が小さいのは練習には好都合です。ステージはマイクが必要になりますけども、、、、

そんなハーモニカでも、夜中に練習などは難しくなります。最近は早朝の練習は音量をピアノ、ピアニッシモでする日々ですが、鈴木楽器さんが、ハーモニカ練習用消音器を作ってくれました。ブルースハープ用はちょいと前に発売されていて、クロマチック・ハーモニカ用も9月に発売されました。本当に世界に誇れるマニアックなメーカーで、日本人の誇りです。
普段の練習では音量が出せる家庭事情でも、例えば出張先のホテルとかで練習できるアイテムです。いつでもどこでも練習!!

10穴のそれは購入しております。そこで、比較ですが、クロマチックの吹奏感は10穴よりもあります。なので音量は少しでかいですが、逆に吹いていて気持ちがいい。10穴はミュートが出来すぎていて、ちょいと苦しい感があります。
クリックすると元のサイズで表示します


なので音量は大きくなってしまいますが、ちょいと工夫して、端っこを手で塞ぐとミュート感が増します。
若い頃?はハーモニカにタオルを巻いたりしてミュートして練習をしたこともございますが、ハーモニカメーカーがそれ用のアタッチメントを本気で作ってくれました。ありがとうございます。

練習しよう!!!明日から、、、クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/9/5

4オクターブ16穴  Harmonica

(FBからの転載です)

トゥーツ・シールマンス使用のクロマチック・ハーモニカは12個の穴があります。
1つの穴で吹いてドが出て吸ってレ、スライドレバーを押してドとレのシャープって具合に4つの穴で1オクターブ。
つまり12個だと3オクターブの音域を持つ。(厳密には最高音はD)
ちょうどフルートと一緒。フルートは上手じゃないと最高音のCは簡単には出ないが、ハーモニカの場合は特に最高音が難しいわけではない。

で、スティービー・ワンダーが使っているタイプは更に大きくて16穴。なので4オクターブと1音。一番下はアルトサックスの半音下のCまで出る。(バリトンサックスみたいですね)

4オクターブの音域を持つ管楽器(ハーモニカは管楽器だろうか?という問題は置いておいて)ってないですよね。フラジオとか超ハイノートとかスーパーなテクニックを駆使すればあるかもしれないけど、、、

歌伴とかキーが合わなくても困ることはなく万能感、最強な感じがする。
んと、、、あくまで音域ですよ。

12穴だとキーEbの曲でBbが最低音の曲だと、一オクターブ上げるか?自分でキーを変更できるときはFにしちゃうかが必要です。
マイワンはEbやCが多いかもですが、トゥーツ・シールマンスはFで、更にいうとあのミスティでさえFでやってる。

昨年1月から4オクターブに持ち替えいましたが、とはいえ最低音域ってあまり練習しておりませんでした。12穴の音域のおまけ的な扱いで、、、というのはトゥーツ・シールマンスも16穴吹いていた時期がありますが、そんな扱いなのです。

ですが、最近その音域をバリバリ吹きこなす人達が出てきて、(例えば、Angelo Adamoさんとかlaurent maurさんとか)私もトゥーツイメージから脱却して吹いてみようとここ数ヶ月練習メニューを変えて取り組んでおります。

単純に言うと、音域が1.333倍になりますので、それだけ練習量を増やさないといけません。更にいうと最低音域は息の量が2倍必要なイメージで、吹き吸いを俊敏に切り替えるのも大変です。(まだできてません)またその音域の喉のポジションも構築しないといけません。つまり体力を使いますし、結果疲れますし、練習が大変な側面があります。

そんなこんなで、練習していてまだまだではありますが、最近ようやく形になってきたかも的な感じを感じる今日この頃でございます。

そんなこんなで巷では、そんな16穴より更に一オクターブ低い鈴木楽器様の12穴のバス・クロマチック・ハーモニカが話題ではございますが、私はまず16穴の制覇を目指しております。

で、明日ライブがございます。
9月6日(金)南与野「Cafe' Jazzmal」19:45〜
釘宮正豪(g)藤原隆行(harm)
ミュージックチャージ1500円
http://saxyuq.com/jazzmal/index.html
以上、よろしくお願いいたします。

あっと、ここで宣言させていただいた。禁酒(断酒)の件でございますが、諸般の事情により8月は壊滅的な状況に陥り、9月より再開させていただいております。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/6/27

禁酒から断酒へ  diary

5月27日に禁酒を開始して、一ヶ月がたちました。

■飲酒危機?
開始後24日目に、かみさんが実家からビールを頂いて来るという不測の事態が発生しましたが、かみさんはビールを飲んで私はノンアルコールビールや炭酸水で過ごしており、無事に禁酒継続しております。
この際「禁酒」から「断酒」にバージョンアップ?します。

■アルハラ対策
次の難関は、飲み会と盆暮れ対策です。飲まない姿勢を貫かなければなりません。
目上の方の勧めをいかに断るかが勝負です。飲み会はそんなに頻繁にはありませんが、忘年会やら歓送迎会など断れるものはとりあえず断ります。

もし参加して、無理に勧められたら、スマホに経過日数のカウンターを付けていて、それを見せて、「これがまた0になります。あなたはそのことに対してどう責任をとって頂けるのでしょうか?」とか言ってみようかと思っています。まぁもう少し差し障りのない理由を最初に言いますけどね。

ちなみ最後に飲んだのは送別会の次の日でした。送別会が一区切りで、次の日に家のアルコール類の在庫一掃をしてからの禁酒スタートでした。

■少し位いいのでは?
例えば、お正月位は飲んでもいいのではない?とか思われるかもしれませんが、それトリガーでずるずると飲み始めるのが目に見えております。逆になんで例外を作らないと行けないのか?と問うてみたいです。

20代の頃は飲み会以外は、ほとんど飲んでおりませんでした。その時代に戻れたらなぁとは思いますが、一回アルコールの快楽を脳が記憶してるので、その時代には戻れないと思ってます。アルコール依存症の方の治療のごとく飲まないのが正解です。

あとFBなどで断酒のグループとかチラッと覗いておりますが、お酒に未練たらたらの方が書き込んだりしていて、そういう雰囲気なのは即刻退会しました。

私自身がアルコール依存症に近いかも?とは思っておりましたが、いやいや、そこで未練たらたらと酒を語る依存症の諸先輩には到底及ばないこともわかりました。

■禁煙に似ている
一ヶ月経過した感想は、禁煙のステップやら感覚と似ているかなと思います。
タバコやめて良かったと思ったことの一つにタバコを持ち歩かないで済む、タバコから自由になれる、タバコからの解放されたような印象を持ちましたが、お酒の場合も似た感覚があります。
今でもタバコを吸っている人はどこでタバコが吸えるかを常に考えていて大変でしょうね。ある意味タバコの奴隷とも言える気がします。タバコに支配されてる感。でもそもそもタバコ自体をやめちゃえば、その束縛はなくなります。タバコを吸えないでイライラしてたら、いろいろとマイナス要素です。でも、それは実は禁煙してしまえばすっきり解決!するのです。止めることが出来れば気が付けます。

今はアルコールも似たようなものだと今は思っています。お酒の場合は、付き合いの場で飲んだりと色んな要素が絡んでくるので、タバコほど単純ではないと思いますが、、、

前回も書きましたが、薬物が解消できるストレスはその薬物を取っていなかったストレスだけです。他のストレスは何も解消しておりませんし、薬物摂取により余計な薬物を摂取できないという新たなストレスを抱え込むことになります。
マッチポンプ的ですね。

■自由に
お酒の場合も毎日、夜が近くなると何をどう飲もうかとか、アルコール量は足りるか?とか、ライブやセッションの前はその前の食事で生ビール2杯飲んで、ライブハウスで何杯飲んで等々、気持ちよく酔える量を確保するために頭を使う?そんなことを考える面倒な日々でしたが、そんなことから自由になれました。

なので休肝日とか節酒とかでダメですね。これでは酒から自由になれない。逆に次の機会に飲めるであろう酒のことばっかりを考えてしまう気がします。
もう飲まない、これからは酒なしで過ごすということで自由になれます。

■楽しいし楽だし面倒な思いをしない
飲まなくても食事は美味しいですし、夜も過ごせます。飲まずに飲み会に参加できるスキルは、或いはアルハラな人をやり過ごすスキルは、まだ私にはないですが、身につけている人もたくさんいます。今後の課題です。

お酒で好きだったことの一つがひとりで呑みながらうだうだとネットを閲覧するみたいな時間だったのですが、これも飲まないでも出来ます!飲まないでも楽しいです。先程の依存症で診断されてしまう諸先輩方とは違うのかもしれませんが、私のドーパミンの回路はまだ壊れてなかったとも思っております。酒がなくても人生は楽しいです。

飲んだ場合には、楽しさが乗じてつい飲みすぎて次の日は二日酔いだったりや寝てしまったりということが日常茶飯事でした。
ハーモニカの朝練をしておりますが、飲みすぎてしまい練習をしない日は多々ありました。

■禁酒ストレス
一方、酒が飲めないストレス的なものはあるような気がしてます。ノンアルコールビールを3本位飲んだり(ノンアルなんて普通は1本くらいでしょう?)何故か深夜にカップラーメンを食べたり。。。(まぁこの位はそれほどでもないのかなぁ?)でも、だんだん落ち着いてきてるし、そのうちなくなると思っていますが、、、、

■このまま続ける
そんなこんなで一ヶ月です。この先もわかりませんが、もう断酒で行く!という気持ちです。
そのほうが楽で、面倒くさくなく、体調も良好で何よりハーモニカが気持ちよく吹けます。
よく「私と音楽とどっちが大切なの?」的な?質問がございますが、「お酒とハーモニカどっちが大切なの?」で、ようやくお酒とさよならできそうです。なんとなくやめたいなぁ〜と思ってからタバコのときは5年位でしたが、お酒は10年位かかりました。

■二部作
前回、禁酒3週間で書いたのと禁酒二部作です。
https://blue.ap.teacup.com/fujih/1199.html
自分の考えを整理するためでもあります。長文で失礼いたしました!
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ