2015/7/28

膵臓で泣きの研究  diary

1,2ヶ月前?「膵臓」という衝撃的なタイトルを新聞広告で見て気になっていて先日も広告があって買ってしまった。
膵臓が悪い女の子が死んじゃう話なのだが、女の子は極端に明るく、主人公の男の子は極端に暗いという対比での会話がおもしろい。

最近は少しは変わってると思うが、主人公の男の子発言は僕が普通に考えていた内容も多々あった。
でも、暗いというか孤独な時間がないと音楽やら絵とかその辺って身につきませんよね。

あと当然のように泣きましたが、トゥーツシールマンスファンとして涙の研究は必須なのです。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ