2016/2/22

芸人交換日記とトゥーツへの思い  Toots

「芸人交換日記」の前に若林正恭さんの「社会人大学人見知り学部卒業見込」を読み、その本に取り上げられていた。本を読んでからDVDまで見た。

作品のコピーで「夢を諦めるのも才能だ!」とのことで、諦めるといえば「諦める力」為末大なんて本もありますね。

諦めるってネガティブな言葉だけれども、精一杯やって次の道へのスタートとか、自分に適したジャンルへの変更というとらえ方だとポジティブになります。
「芸人〜」は、諦めるきっかけに相方やら家族やらが絡んできたりするので泣けます。
僕だと、サックスを諦めてハーモニカだったり、音楽で食べることはとうに諦めたりかな。

あと「笑い」ってシビアですね。音楽だったらライブ終了後に適当に良かったですとか言われて、本心かどうかわからないしライブ中に観客見ても反応はそれ程はわからない。
でも「笑い」は笑うかどうかですぐ判断できる。シビアであると同時にだからこそ会場が受ける快感・満足感などは、この上ないものになるんだろうなぁと。味わった場合の次への中毒性もあるのだろう。なんてのが新しい視点でした。

それで、僕がこれから音楽で何を目指すか?何をしたいか?と改めて考えると、聴いてる人を泣かせたい、涙をさそいたい。トゥーツシールマンスの音楽のように。というのが夢だなぁと改めて思うのでした。

トゥーツが引退したので、トゥーツの音楽が忘れ去られ行く感があるのですよ。少しでも食い止めたいなと思っております。
http://6011.teacup.com/t_fujiwara/bbs
掲示板をこっそりと再開してみています。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ