2018/2/13

1/19 八木のぶおソロライブ  -gigs

先月19日に八木のぶおさんのソロライブ@高円寺楽やに行ってきました。

私がハーモニカを始めた90年代は、クロマチックの録音というと崎元さんか八木さんかって感じで最初はトゥーツよりもよく聞いてました。CDのレンタルショップでクレジット確認し名前があると借りたり、ライブも何回か行きました。インナセンチメンタルムードを私がコンテストでやったのも八木さんの演奏を聴いたからでした。

最近は、クロマチック比率は下がってるのですが、私が課題に掲げてるソロをやってらっしゃるので少し前から気になっていてようやくタイミングが合い行ってきた。

演奏曲は、ルーパーを使って、2小節くらいのバンプにいろいろ音を重ねるもの。おもちゃの笛みたいのを重ねたりそれはすごい音空間でした。あと、キーボード弾き語りパターン。無伴奏で歌って間奏ハーモニカなんてパターンもあった。

何より、大感激でびっくりしたのは、演奏開始前にカウンターに座ってると「ひょっとして藤原さん?」八木さんの方から声をかけてくださった。
93年のコンテストでは、八木さんも審査員でしたし、Facebookではお友達になっていただいているのですが、ちゃんとお話をしたことはないはず。八木さんもどこで私のことを認識されたのか覚えてらっしゃらない様子でしたが、嬉しかった。

飛び入りありとのことで、クロマチック・ハーモニカ持っていきました。1Setのあとの休憩時間に「次のステージでFM7、BbMのコードで入ってくれる?」って振られました。多分フラットひとつ系を振ってくるなんてさすがです。優しです。

実際呼ばれて、マイクスタンドの角度を調整してると「ソロでなんかやる?」と振られたので、少し躊躇しましたが、度胸試しだ!死にはしない!と「枯葉」をクロマチック・ハーモニカの無伴奏でやりました。終わってから、心のなかでは「あの八木のぶお(あえて呼び捨て)の前でハーモニカソロで吹いたぞ!」みたいな達成感、充実感?

そのあと、言われた曲を八木さんの弾き語りに合わせて吹き、アンコールでまた呼ばれ八木さんとハーモニカデュオ。Fジャムブルースを、八木さんはテンホールズでブルースコード進行で、私はジャズコード進行で押し通しました。

終了後もフレンドリーにいろいろお話して頂き大変勉強になりました。一流の人は腰が低いな。ルーパーは使い始めて1年位?との事でまだまだいろいろ勉強なさってる感じだし。

今度は、歌練習して、無伴奏で歌ハーモニカやりに行こう。。。かな?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ