2005/3/11

開放弦様  diary

たまにはベースネタも、、、
フレットがないウッドベースでどうやって音程をとるかというと2つポイントがあって、
1)指の形
2)開放弦
なのだ。。。たぶん。
指の形というのは、ウッドの場合、中指薬指はくっつけて、人差し指、中指、小指で長2度の音程を確保してそれが基本の幅で移動していくのだ。指の形が定規になってるみたいなもの。
開放弦というは上のポジションなど音にいったときに、上手く開放弦の音を織り交ぜてその音程差でピッチを調整する。
って感じでなんにも目印がないように見えて実はそれなりにあるのだ。(それでも足りなくてポジションマーク書いてるけど、、)
それを逆手にとって僕が練習に取り入れてるのは、開放弦を使わないで弾く。。。左の指も休む暇がなくて非常に練習になる。

で、困ったことに開放弦は合ってるものっていう感覚が刷り込まれてるんですよ。それだけの原因じゃないだろうが耳でのチューニングが非常に苦手。実際チューニングがずれてると、曲が始まって音が合わないなぁと微妙にポジションをずらしたりはできるのだが、開放弦様は絶対でございます〜〜みたいに、非常にわかりづらい。。。なのでウッドの時チューナーは必須。。。エレベだともうちょっと合わせられるのだが不思議。。。
不思議といえば、ベースだと直接ヘ音記号が読めるけど、ハーモニカとかだと頭のなかで一変換いるみたいな感じになる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ