2009/6/17

CX12jazz復活  Harmonica

使用楽器(ハーモニカ)ネタが続く、、、
今使ってる270のスライドレバーがひん曲がってるので、メロートーンのマウスピース部分とカバーを装着。落としても大丈夫なようにちゃんとケースにしまおうとラリーアドラーモデルのケースを引っ張り出してきた。ラリーアドラーモデルのケースはちょっとほんの少し小さいのだ。
つまり270のボディにメロートーンのカバーとマウスピースをつけてラリーアドラーのケースに収納とわけのわからない状態になりました。
で、CX12はしまっちゃおうと思ったけど、部屋に無造作に出しておいてオクターブ奏法の練習用にしよう、、、
http://www.geocities.jp/toots_harmonica/
↑こっちのホームページにも書いてあるけどCX12ってスライドレバーからの穴の距離がひとつ分他のハーモニカと違うのだ。これにより穴の間隔の感覚がずれてミストーンを吹いたりするのだ。で、あんまり吹きたくなかったのですが、最近ウクレレ弾いたりギター弾いたりベース弾いたりで思ったのですが、この辺の感覚って色んなのに対応できるように柔軟にしておいたほうがいいのかもと思ったりもしています。
僕はうまく吹きこなせないけど、CX12のメカニズムっていいものなぁ。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ